ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 広聴 > パブリックコメント > 平成29年度実施案件 > 東京都北区地域防災計画改定概要(素案)

ここから本文です。

掲載開始日:2017年12月1日

最終更新日:2018年1月6日

東京都北区地域防災計画改定概要(素案)

意見募集を終了しました

平成29年12月1日(金曜)から平成30年1月5日(金曜)までに寄せられた意見について、現在、集約しております。

東京都北区地域防災計画改定概要(素案)の本文は添付ファイルよりダウンロードしてください。

改定の背景

東京都北区地域防災計画は、災害対策基本法に基づき、北区のあらゆる自然災害に対処する総合計画です。区はこの計画に基づき、様々な防災・減災対策に取り組んでいます。
東日本大震災(平成23年)、関東・東北豪雨(平成27年)、熊本地震(平成28年)などの大きな災害によって明らかになった災害対策上の課題や教訓、国及び東京都の法令・制度や動向等を踏まえ、本計画の改定を行います。

改定の方針

1 受援体制の事前準備 

 他の地方公共団体及び防災機関等からの人的・物的応援を円滑に受けることができるよう、受援に関する基本方針を定めます。

2 避難行動要支援者に対する支援の充実

 避難行動要支援者名簿等に関する項目、避難行動要支援者に対する避難支援のあり方について追加記載します。

3 被災者生活支援体制の強化

 罹災証明の発行システム導入等被災者生活支援にかかわることを追加し、「被災者生活再建支援システム」を利用し、災害発生時における被災者支援業務の標準化及び電子化を図るとともに相互応援体制を整備します。

4 水防体制・情報提供の整理

 荒川下流タイムライン【拡大試行版】の公表・運用開始(平成29年5月荒川下流域タイムライン専門部会)や、東京都北区洪水ハザードマップ【荒川が氾濫した場合】の改訂(平成29年5月北区)を踏まえ、水防体制・情報提供等を整理します。

5 要配慮者利用施設の避難確保計画の作成等

 水防法や土砂災害防止法の一部改正を踏まえ、浸水想定区域や土砂災害警戒区域内の要配慮者利用施設について本計画に名称及び所在地を記載します。

添付ファイル

東京都北区地域防災計画改定概要(素案)(PDF:1,425KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:危機管理室防災課防災計画係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階14番

電話番号:03-3908-8184