ホーム > 防災・防犯 > 防災 > 自然災害等への対応状況

ここから本文です。

掲載開始日:2016年9月1日

最終更新日:2017年4月25日

自然災害等へ対応状況(平成28年度~)

「地震・水害に強い安全・安心なまちづくりに全力」で取り組んでいます

北区では区政の3つの優先課題の一つに「地震・災害に強い安全安心なまちづくりに全力で取り組むこと」を挙げ取り組んでいます。

このページでは平成28(2016)年度からの主な自然災害や、台風、大雨等への区の取組みをご紹介しています。

なお、自然災害等への避難行動が遅れることがないよう、また災害時に適切な情報がお手元に確実に届くよう「北区防災気象情報メール」への登録を強くお勧めします。

■台風到来に伴う自主避難施設の開設実績(3回) 

台風9号(平成28年8月22日)

 台風9号による大雨・洪水・暴風警報の発令等に合わせ、土砂災害が懸念される地区には「避難勧告」を発令し避難所を開設するとともに、石神井川流域で洪水が懸念された地区には「自主避難施設」を開設し対応しました。

 

台風10号(平成28年8月29日)

 台風10号の首都圏接近に対応し、土砂災害が懸念される地区及び、石神井川流域で洪水が懸念された地区には「自主避難施設」を開設し対応しました。

 また、石神井川の洪水に備えた自主避難施設の開設については、関係地区の一部に事前にポスティングを行い周知を行いました。

 台風到来に備えた本区の取組み(災害タイムライン)がNHKテレビ「クローズアップ現代+」やテレビ朝日「報道ステーション」等で紹介されました。

 

台風16号(平成28年9月20日)

 台風16号に備え、土砂災害が懸念される地区及び、石神井川流域で洪水が懸念された地区には「自主避難施設」を開設し対応しました。 

 

■台風以外の自主避難施設開設実績(1回)

 北区では台風以外でも、大雨等により土砂災害や内水氾濫(洪水)が懸念される場合には、自主避難施設を開設しています。

 

  ・平成28年7月14日 大雨警報に伴う石神井川流域の自主避難施設の開設


 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:危機管理室防災課防災計画係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階14番

電話番号:03-3908-8184