ここから本文です。

最終更新日:2016年5月6日

中央図書館ご案内

中央図書館外観写真総合カウンター

中央図書館ご案内

図書館の一部として生まれ変わった赤レンガ倉庫や、ユニバーサルデザインを取り入れた中央図書館をぜひともご利用ください。お待ちしております。

基本コンセプト

1、「利用者が主役」の図書館

  • 目的に応じた明解な開架室
  • ワンフロアーで利用しやすい開架室
  • 長時間滞在への配慮
  • 誰にもやさしい施設づくり

2、「永く愛される」図書館

  • 明るく、親しみやすいイメージ
  • 時間とともに風景になじむ建物
  • 成長と変化に対応できる施設

3、「区民が活動する」図書館

  • 区民(NPO・ボランティアなど)参加を促す開かれた施設づくり
  • 協働の拠点づくり
  • 区民(NPO・ボランティアなど)の居場所づくり

中央図書館の特徴

生涯学習の拠点として約30万冊を超える蔵書を揃え、DVDの貸出も実施しています。

館内一部エリアに無線LAN、ICタグによる自動貸出機や有料データベースを活用することもできるインターネット利用席、ゆったりくつろげる喫茶室、授乳室を完備した子育て情報支援室などを設置しています。

ドナルド・キーンコレクションコーナー

平成25年1月25日より、中央図書館1階にドナルド・キーン氏からの寄贈図書を公開する「ドナルド・キーンコレクションコーナー」を開設しています。

北区の部屋

中央図書館1階に北区の部屋を開設しています。『初心者から上級者まで』をコンセプトに、図書や展示を通して、北区を知らない人にはわかりやすく理解していただき、すでに知っている人にはさらに深く知っていただける“北区のことなら何でも分かる場所”を目指しています。
従来の図書資料に加え、古写真・古地図・古文書なども所蔵しており、これらの所蔵資料を利用し、毎月テーマ展示も行っています。

 

 館内紹介を見る 

中央図書館の構造

建物は赤レンガ倉庫と新築部分を一体化、1階総合フロア、2階こども図書館、3階協働フロアの3層構造です。

ユニバーサルデザインによる段差のないフロア、車いす等をご使用の方も利用しやすい高さの書架や机、トイレを採用しています。

赤レンガ倉庫について

赤レンガ倉庫(旧陸上自衛隊十条駐屯地275号棟)は、1919年に建設されたもので、北区の近代産業の歴史や当時の建築技術を知ることができます。

添付ファイル

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部中央図書館

電話番号:03-5993-1125