ホーム > 文化・観光・スポーツ > 図書館 > 障害者サービス

ここから本文です。

最終更新日:2016年3月2日

 

障害者サービス

下記ページ名クリックすると、それぞれの案内ページにジャンプします。

◆対面音訳

◆点訳、音訳図書の貸出(中央図書館)

◆手話(筆談)サポートデスク(中央図書館)

◆外出困難な方向け資料・宅配サービス(中央図書館)

◆行事(中央図書館)

◆ボランティア養成講座(中央図書館)

◆関連リンク

 対面音訳

目の不自由な方の申込みにより、ご希望の資料(本、雑誌等)を1回につき2時間、ボランティアが音訳します。

中央図書館で申込みを受け付け、会場として中央・滝野川・赤羽図書館、ご希望により各地域振興室会議室も利用できます。

 点訳、音訳図書の貸出(中央図書館)

視覚障害者の方(視力障害1~6級までの区内在住、在勤、通学者)に、点訳・音訳資料(点字図書、カセットテープ、DAISY図書(=デイジー:デジタル録音図書))を郵送貸出します。

北区で所蔵していないものについては、全国の図書館で所蔵している点訳・音訳資料をリクエストに応じて郵送貸出します。

  • 1回につき10巻までCDの郵送貸出します。
  • 大活字本(文字の大きな本)の貸出もしています。
  • 希望の雑誌を申し込むと、定期的に雑誌録音資料を郵送貸出します。
  • ご希望の方には点訳、音訳した図書館の情報誌「ぽけっと」「北区の部屋だより」「サピエ図書館」「新着情報デイジー版」「都立中央図書館」「新作情報デイジー版・カセット」を毎月郵送貸出します。
  • 目の不自由な方のための書籍

 手話(筆談)サポートデスク(中央図書館)

耳の不自由な方の申し込みにより、毎月第3土曜日の午後1時~4時の間、区民との協働により、中央図書館に手話(筆談)サポートデスクを置き、図書館利用全般でお困りのことや、中央図書館サポート室の福祉機器等の説明を手話(筆談)通訳によりサポートしています。

 外出困難な方向け資料・宅配サービス(中央図書館)

区内在住で身体障害者手帳の肢体不自由1,2級または内部障害1~3級の方で外出が困難な方に、資料をご自宅まで集配します。貸出資料数は一般利用者と同数ですが、専用袋に封入できる大きさの資料に限らせていただきます。貸出期間は30日間です。(配送期間を含む)

 行事(中央図書館)

バリアフリー映画会

北区所蔵の上映権許諾済みDVD映画に字幕・音声ガイド補助を取り入れた映画鑑賞会を行っています。

大人向けバリアフリーおはなし会

おはなし会と手話通訳を同時に実施し、誰もが楽しめるおはなし会を開催しています。

 ボランティア養成講座(中央図書館)

音訳、点訳者の養成のための講習会を実施しています。平成24年度からは、1年おきに音訳講座もしくは点訳講座を行っています。1年を通して、初級から中級程度まで回数・内容ともにより充実した講座になります。平成25年度は、音訳者養成初心者講座を行いました

 関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局教育振興部中央図書館図書係

東京都北区十条台1-2-5

電話番号:03-5993-1125