ここから本文です。

最終更新日:2017年9月19日

生徒の様子

9月4日~8日 あいさつ運動

 本校では長期休業日後、学校の時程にあわせた規則正しい生活に戻すために、あいさつ運動を行っています。教員・生徒会・生活委員が登校する生徒を出迎えました。
 「おはようございます」という大きな声が正門付近に響きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月22日 歯科講話

 6校時、学校医の古瀬信久先生が、1年生を対象に歯科講話を実施してくださいました。どうして歯磨きをするのか?から始まり、口の中のばい菌の話や歯を溶かす酸の話などとてもためになるお話でした。おやつや飲み物の選び方や、食べる・飲むタイミングの話が特に印象に残ったようです。

 [生徒の感想から]
・ジュースやお菓子はずっと食べていると歯が溶けてしまうと聞いておどろきました。だから毎日歯を磨いてお菓子・ジュースをあまり飲食しないようにします。歯を磨くのは良いことというのを学びました。
・今日分かったことは飲み物によって虫歯になることと歯がどんなに固くて強くても酸性には負けてしまうということです。今度から飲み物にも気をつけてむし歯にならないようにしたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

3月4日 職業講話

 城北ロータリークラブの皆様にお越しいただき、1学年が職業講話の授業を行いました。様々な業種の会社を経営されている方々に、その職業に就かれた経緯、働くことの喜びやご苦労、また、人生について御講話いただきました。
 職業のみならず生き方について、とてもためになるお話をしていただき、生徒たちも熱心に聴き入り、質問する生徒も多くいました。
 自分の生き方を考えるためのとても有益な時間になったと思います。
 講師の先生方、ありがとうございました。

 【講師の先生方】城北ロータリークラブの皆様
株式会社結建築設計事務所 社長 小川 光生 様

 

 

 

 

 

 

 

 

株式会社杉山製作所 社長 杉山 剛正 様

 

 

 

 

 

 

 

 

 株式会社Groove 社長 平井 茂 様

 

 

 

 

 

 

 

 

 4月25日 踏切安全講習

  JR十条駅の駅長様、助役様をはじめ、JR東日本池袋地区設備担当の方にご来校いただき「踏切の安全な渡り方」についてご指導いただきました。
 本校は埼京線に隣接していることもあり、生徒の多くが踏切を渡って登校しています。「まだ大丈夫」と思わず、ルールを守って十分注意をして踏切を渡りましょう。

 fumikiri1fumikiri2

 

 

 

 

 

 

    

             

 4月 募金活動

  熊本地震の被災地に対する募金活動を行いました
 4月14日から連続して発生した熊本県を中心とする九州の地震では、多くの方がかけがえのない命を落とされました。謹んで冥福をお祈りいたします。また、被災された皆様に対してお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復興をお祈りいたします。
 本校では、生徒会が募金に対する提案書を提出し、趣旨を説明して全校生徒に呼びかけて募金活動を行いました。皆さんの善意で50,855円の義援金が集まり、日本赤十字社を通して被災地へと送られました。生徒の皆さん、保護者の皆様、教職員の善意でこれだけの金額が集まりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

11月7日 防災学校

 北区防災課、王子消防署、消防団、帝京大学ELS研究会のみなさん、防災ネットワークプラン井上様のご指導のもと、2年生が防災学校を実施しました。
 心肺蘇生法や初期消火訓練などを学び、防災意識を高めることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

東京都北区立 十条富士見中学校

北区十条台1-9-33

電話番号:03-5924-2401

ページの先頭へ戻る