ここから本文です。

最終更新日:2016年9月6日

教育方針・目標

(1) 学校の教育目標

   人間性豊かで、創造的精神に富み、社会の変化に主体的に対応できる国民を育成するために次の

 目標を設定する。

   ① 自 立 ( Independence )
   ② 協 力 ( Cooperation )
   ③ 創 造 ( Creation    )

(2) 学校の教育目標を達成するための基本方針(概要)

① 人権尊重の精神に基づいた人権教育の充実に努め、差別、偏見のない心を育み、生きる力を身に付

  けさせる。
② 道徳教育の一層の充実を図り、心の教育を推進する。
③ 学習習慣の定着、言語活動の充実、ICTの活用、コミュニケーション能力の向上等を図る。
④ 基本的な生活習慣を確立、規範意識の向上、校内特別支援教育体制の充実、生徒の健全育成等を図

  る。
⑤ 健康や安全、食育、環境に対する意識を高め、安全確保のために適切に行動できる生徒を育てる。
⑥ 学校の教育力を質的に高め、学校評価を通して、保護者や地域の信託に応える開かれた学校作りの

  実現に努める。
⑦ 地域に根ざした桐ケ丘中学校サブファミリーをめざし、異校種間の連携を深め、中1ギャップ問題

  等に適切に対応する。

(3) 指導の重点(概要)

1 各教科、道徳、特別活動、総合的な学習の時間
① 各 教 科    

すべての学習の基礎となる言語能力を高め、基礎・基本を確実に定着させ、指導と評価の一体化を図る。少人数授業、ALT、ICTの活用等、各教科で工夫し、学習意欲の喚起と学習習慣の定着を図る。


② 道 徳     

全体計画のもと道徳授業を充実させ、全教育活動を通して豊かな人間性と社会性、規範意識をもった生徒 を育成し、人としての生き方について自覚を深めさせる。

③ 総 合 的 な 学 習 の 時 間

体験学習、課題学習、言語活動等を通じて、社会のルール、働くことの厳しさや楽しさ等を体感するとと もに、コミュニケーション能力、多彩な発表の仕方や表現方法等を身に付け、自己の生き方についての理解 を深める。


④ 特 別 活 動

学校行事や生徒会活動、学級活動を通して集団の一員としての自覚と責任をもたせ、思いやりの心や感動する心、自分の力で課題や困難を乗り越えようとする意欲や態度、人のため自己を生かす気持ちを育む。

2 特色ある教育活動
① 校内支援委員会を中心に、関係諸機関と連携して、特別支援教育を推進する。

② ICTの授業への効果的な活用に関する研究や実践を深め、その成果を広める。
③ 桐ケ丘中学校サブファミリーを中心に、学校教育全体を通じた「心の教育」を推進する。

3 生活指導・進路指導
① 生 活 指 導

家庭や関係諸機関等と連携を密に図り、挨拶運動や防災に関する取り組み等を進めていくなかで、基本的、自律的な生活習慣の定着、積極的、予防的な生活指導を推進する。


② 進 路 指 導

キャリア教育の視点に立ち、3年間を見通した進路指導を組織的、計画的に実施する。

お問い合わせ

東京都北区立 桐ケ丘中学校

北区桐ケ丘2-6-11

電話番号:03-5963-3811

ページの先頭へ戻る