ホーム > 区政情報 > 区議会 > 北区議会ホームページ > 会議等のご案内 > 議場でのITコミュニケーションツールの活用

ここから本文です。

最終更新日:2015年5月27日

議場でのITコミュニケーションツールの活用

全国初 北区議会の全面IT化により、障害者差別解消法への対応を実現

ITコミュニケーションツール(聴覚障害者用)を活用

北区議会では、2010年度からIT化の検討、段階施行をしてきた経緯を踏まえ、2015年度から全ての会議でのIT化(PC・情報端末等の利用が可能)が実現しました。これは、東京23区では初の事例となります。

今回の全面IT化に伴い、2013年度より検討を行ってきた障害者差別解消法への対応として、「ITコミュニケーションツール(音声同時翻訳ソフト、音声読上げソフト)※」を使用し、聴覚障害のある議員への対応が実現しました。これは、全国初の事例です。

また、同ツールを利用した聴覚障害者の議会傍聴も実現しました。

(参考)ITコミュニケーションツールによる議会活動イメージ図(PDF:407KB)

経緯

北区議会では、2010年度より議会のIT化に向けて議会改革検討会(*1)で検討を行っており、2012年度から、議場を除くすべての会議でのIT化を実現しています。

議場での使用も2015年度内の検討予定であり、5月11日開会の議会全会派の代表者会において全会一致で承認され、23区内ではいち早く、議場を含めた全面IT化が実現しました。

また、2016年4月施行予定の障害者差別解消法(*2)への対応のため、2013年度より聴覚障害者への傍聴対応の検討を行っています。

この検討経緯を踏まえて、「ITコミュニケーションツール」の使用も代表者会において全会一致で承認され、同ツールを介した全国初の、聴覚障害のある議員の受発話と聴覚障害者の議会傍聴が可能となりました。

*1:議会改革検討会:議会全会派の代表者で構成した議長の諮問機関

*2:障害者差別解消法:「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区議会事務局議事調査係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎4階

電話番号:03-3908-9948