ホーム > 健康・医療・福祉 > 医療 > さい帯血移植について

ここから本文です。

掲載開始日:2012年12月21日

最終更新日:2014年2月1日

さい帯血移植について

さい帯血とは、さい帯(へそのお)とお母さんの胎盤の中に含まれる血液のことで、造血幹細胞を多く含みます。

さい帯血移植とは、白血病・再生不良性貧血など血液の病気の治療法の一つで、産後は不要になるさい帯(へそのお)と胎盤にある血液を患者に移植し、患者の造血機能を再生させる方法です。

詳しくは、下記のページをご覧ください。

さい帯血に関心のある方は、下記にお問い合わせください。

東京さい帯血バンク (外部サイトへリンク)

関東甲信越さい帯血バンク (外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:北区保健所保健予防課保健予防係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-3104