ホーム > まちづくり・住宅・環境 > 都市計画 > 木密地域不燃化10年プロジェクト > 木密地域不燃化10年プロジェクト 不燃化特区制度による支援策

ここから本文です。

掲載開始日:2014年4月15日

最終更新日:2017年8月21日

木密地域不燃化10年プロジェクト 不燃化特区制度による支援策

 「木密地域不燃化10年プロジェクト」の取組のひとつとして、甚大な被害が想定される木密地域のうち、地域危険度が高いなど、特に改善を図るべき地区を「不燃化特区」に指定し、東京都と区が連携しながら従来よりも踏み込んだ整備促進を行うこととしています。(不燃化特区制度)

 その一環として、不燃化特区制度による支援策を策定いたしました。各支援の詳細は、関連リンク内の各支援ごとのページをご覧ください。

対象区域

・赤羽西一丁目の一部 ・赤羽西四丁目の一部 ・赤羽西五丁目の一部 ・赤羽台二丁目の一部

・志茂一丁目~五丁目 ・上十条一丁目~二丁目  ・十条仲原一丁目~二丁目 ・中十条一丁目の一部

・中十条二丁目~三丁目 ・岸町二丁目の一部 ・西ケ原一丁目46番(一部)・西ケ原三丁目65、66番

※対象区域につきましては、添付ファイル「北区不燃化特区事業箇所図(平成29年4月)」も併せて、ご参照ください。

【北区制度】不燃化建替え促進支援

 不燃化特区内で老朽建築物の戸建建替え又は共同建替えを行う場合、除却費及び建築設計費等の一部を助成します。また、上記対象区域の一部では、店舗加算助成が受けれらます。

 詳しくは、関連リンク「不燃化特区内における不燃化建替え促進支援」をご覧ください。

【北区制度】老朽建築物除却支援

 不燃化特区内で老朽建築物を除却する場合、除却費等を助成します。

 詳しくは、関連リンク「不燃化特区内における老朽建築物除却支援」をご覧ください。

【東京都制度】不燃化特区内において不燃化のための建替えを行った住宅に対する固定資産税及び都市計画税の減免

 不燃化特区内で不燃化のための建替えを行った住宅については、固定資産税および都市計画税を減免します。

 詳しくは、関連リンク「不燃化特区内における固定資産税・都市計画税の減免」をご覧ください。

【東京都制度】不燃化特区内における老朽住宅除却後の土地に対する固定資産税及び都市計画税の減免

 不燃化特区内で老朽住宅を取り壊した場合、取り壊した後の更地にかかる固定資産税及び都市計画税を減免します。

 詳しくは、関連リンク「不燃化特区内における固定資産税・都市計画税の減免」をご覧ください。

【北区制度】不燃化特区内における壁面後退奨励金

 防災街区整備地区計画に従い、壁面後退を行う土地に対し、面積に応じた奨励金を交付します。

 詳しくは、関連リンク「不燃化特区内における壁面後退奨励金」をご覧ください。

「不燃化特区内における壁面後退奨励金」は、上記の対象区域の内、次の区域のみで行っています。ご注意ください。

 ・「志茂地区防災街区整備地区計画(志茂一丁目~五丁目)」に規定する「特定地区防災施設(避難経 

  路)」に接する土地

【北区制度】不燃化特区における専門家派遣支援

 不燃化特区内で権利の移転や建替え等に関する相談をお受けするため、弁護士や一級建築士等の専門家を派遣します。詳しくは、関連リンク「不燃化特区内における専門家派遣支援」をご覧ください。

「不燃化特区内における専門家派遣支援」は、上記の対象区域の内、次の区域のみで行っています。ご注意ください。

赤羽西・志茂エリアについて

・赤羽西一丁目の一部 ・赤羽西四丁目の一部 ・赤羽西五丁目の一部 ・赤羽台二丁目の一部

・志茂一丁目~五丁目

十条・岸町エリアについて

・上十条一丁目~二丁目 ・十条仲原一丁目~二丁目 ・中十条一丁目の一部

・中十条二丁目~三丁目 ・岸町二丁目の一部

添付ファイル

北区不燃化特区事業箇所図(平成29年4月)(PDF:1,157KB)

関連リンク

不燃化特区内における不燃化建替え促進支援

不燃化特区内における老朽建築物除却支援

不燃化特区内における固定資産税・都市計画税の減免

不燃化特区内における壁面後退奨励金

不燃化特区内における専門家派遣支援

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:十条・王子まちづくり推進担当部十条まちづくり担当課 

東京都北区王子本町1-15-22北区役所第一庁舎7階6番

電話番号:03-3908-9162