ホーム > 子育て・教育 > 保育園・幼稚園・認定こども園 > 保育園 > 保育サービス > 病児・病後児保育(居宅訪問型)利用料金の助成

ここから本文です。

掲載開始日:2015年4月1日

最終更新日:2016年6月15日

病児・病後児保育(居宅訪問型)利用料金の助成

保育施設に在籍しているお子さんが病気になったとき、民間のベビーシッター事業者等が実施する病児・病後児保育(居宅訪問型)サービスを利用した際に、その利用費用の一部を助成します。

助成対象者

下記の項目の全てに該当する方が助成の対象になります。

1.北区内に在住

2.保育施設に在籍しているお子さんの保護者 

  • 認可保育所
  • 地域型保育事業(小規模保育事業所など)
  • 認可外保育施設(認証保育所、定期利用保育施設、家庭福祉員など)
  • 認定こども園(保育部分)など  

3.お子さんの年齢が月齢6か月から小学校未就学まで

4.助成対象の民間ベビーシッター事業者が実施する病児・病後児保育(居宅訪問型)サービス利用者

5.サービスを受ける前後1週間以内に当該病気で医療機関の診断を受けている。

対象の民間ベビーシッター事業者

  • 公益社団法人全国保育サービス協会加盟事業者
  • 厚生労働省「ベビーシッター派遣事業」【割引券等取扱事業者】   

区では事業者との仲介は行っておりません。ご利用の事業者が助成対象事業者に含まれていることを、事前にホームページ(下記、関連リンク参照)等にてご確認ください。 

また、一般的に病児・病後児のベビーシッターなどについては、対応できるケースが限られていたり、申し込みに対して、その当日に即日対応することは困難な状況があります。日ごろから情報収集に努め、いざという時に備えておきましょう。 

内容

  • 利用料金1時間につき、1,000円(上限)を助成します。
  • 1日は10時間まで、1回の利用は7日間までが対象です。
  • お子さん1人につき、年間助成限度額は40,000円です。(1年間は4月から3月)

 ※なお、入会金、年会費、登録料、交通費等の諸経費その他これらに準ずる費用は助成の対象外です。

助成までの流れ

ご自身で事業者へ病児・病後児(居宅訪問型)サービスをお申込みください。

 ↓ ・資格や実績などをご確認のうえ、事業者に直接お申込みください。

 ↓

 サービスを受け、事業者へ料金をお支払いください。

 ↓ ・領収書及び利用明細書を事業者から受取ってください。

 ↓ ・サービスの前後7日間のうちに医療機関で受診してください。

 北区に助成の申請をしてください。(保育課窓口または郵送での受付です。)

 ↓ ・所定の申請書等の記入、必要書類を添付してください。

 ↓ ・助成の申請期間はサービス利用日から6カ月間です。

書類審査後、指定口座に振込をいたします。

  

 ★振込まで3か月程度を要する場合があります。予めご了承ください。 

申請に必要な書類

  1. 助成金交付申請書(所定) 
  2. 請求書兼口座振替依頼書(所定)
  3. ベビーシッター事業者の領収書(写)及び利用明細書(写)
  4. 医療機関での受診が確認できるものの写し(領収書、受診記録票、処方箋袋等)

※1及び2の書類は下記の添付ファイルをご使用ください。

※1~3の書類の氏名欄は原則、同一人としてください。異なる場合は審査に時間を要する場合があります。

添付ファイル

助成金交付申請書(PDF:85KB)

助成金交付申請書【記入例】(PDF:293KB)

請求書兼口座振替依頼書(PDF:38KB) 

請求書兼口座振替依頼書【記入例】(PDF:179KB)

関連リンク

公益社団法人全国保育サービス協会加盟事業者(外部サイトへリンク)

厚生労働省「ベビーシッター派遣事業」【割引券等取扱事業者】(外部サイトへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部保育課保育運営係

東京都北区王子本町1-15-22北区役所第一庁舎2階3番

電話番号:03-3908-9127