ここから本文です。

掲載開始日:2017年8月6日

最終更新日:2018年12月5日

家庭福祉員

家庭福祉員制度とは

保護者が働いている場合や病気などで、お子さんを家庭で保育できないとき、保護者にかわって北区が認定した家庭福祉員が保育を行う制度です。
家庭福祉員は、北区内に居住し、25歳から65歳までの保育士、教諭、助産師、保健師又は看護師のいずれかの資格を有し、かつ保育経験がある、児童の保育に専念できるなどの一定の要件を満たし、区が認定した方です。
各家庭福祉員は、家庭福祉員宅の保育専用室で保育をします。
保育専用室は、面積9.9平方メートル(6畳。ただし、3人を超えて保育する場合は、3人を超える児童1人につき3.3平方メートルを加算)以上になっています。


家庭福祉員の特徴

家庭的な雰囲気のなかで、子どもの個性に合わせて、少人数で保育を行うことが特徴です。
ご利用を希望される保護者は、個人事業主である家庭福祉員と直接契約を行います。
家庭福祉員1人についてお子さん3人(補助者と2人で保育する場合は5人)まで、お預かりしています。

家庭福祉員一覧

北区内の家庭福祉員は、下記の一覧のとおりです。

家庭福祉員一覧

氏名

所在地

事業開始年月日

定員

保育室の

面積(※1)

保有する

資格

補助者

の配置

長井 直美 中十条1-4-6

平成20年10月1日

5人

21.45

保育士

安部 良恵 上十条5-41-14

平成20年10月1日

4人

15

看護師

松村 庸子 東十条5-17-13

平成21年9月1日

5人

37.95

幼稚園教諭

渡辺まり子 志茂3-40-10

平成22年2月1日

5人

18

保育士

濱田 雪枝 上十条2-26-4

平成23年5月1日

5人

26.4

保育士

(※1)単位は、平方メートル

対象となる児童

次の事項のすべてをみたす方

  • (1)北区在住(北区に住民登録のある方)であること
  • (2)保護者が働いている場合や病気などで、家庭で保育できない方の児童であること
  • (3)生まれた日を含めて58日目から2歳児までの健康な児童であること
  • (4)当該家庭福祉員及び補助員と3親等以内の親族関係にない児童であること

申込方法・空き状況

下記を参照し、直接家庭福祉員へお申込みください。
ご相談後、保護者と家庭福祉員との契約になります。

※平成27年4月から始まりました子ども・子育て支援新制度の家庭的保育事業へは移行せず、家庭福祉員制度を継続しますので、希望される方は、直接家庭福祉員へお申込みください。


平成30年12月1日時点の情報を掲載しています。空き人数が「問」の施設は、当該月に空きが発生する可能性がありますので各施設に直接お問い合わせください。また、入所の状況や最新の空き状況につきましても、各施設に直接お問い合わせください。 

氏名

所在地

電話番号

定員

空き

人数

ホームページ

長井 直美

中十条1-4-6

03-3907-2804

5人

0人

ホームページにリンクします。別ウィンドウで開きます。(外部サイトへリンク)

安部 良恵

上十条5-41-14

03-3900-9299

4人

0人

ホームページにリンクします。別ウィンドウで開きます。(外部サイトへリンク)

松村 庸子

東十条5-17-13

03-3902-3712

5人

0人

ホームページにリンクします。別ウィンドウで開きます。(外部サイトへリンク)

渡辺 まり子

志茂3-40-10

03-5939-6764

5人

0人

ホームページにリンクします。別ウィンドウで開きます。(外部サイトへリンク)

濱田 雪枝

上十条2-26-4

03-3909-5845

5人

0人

ホームページにリンクします。別ウィンドウで開きます。(外部サイトへリンク)

 

保育時間について

原則として、午前8時30分から午後4時30分までです。
ただし、家庭福祉員と保護者の協議により保育時間を延長することができます。
保育する日は、原則として次に掲げる日を除く毎日です。

  • (1)土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律に定める日
  • (2)年末年始(12月29日から1月3日まで)
  • (3)年次休暇(年20日)
  • (4)慶弔休暇
  • (5)夏季休暇(5日)

年次休暇・夏季休暇は特定された日ではありません。家庭福祉員から保護者へ事前に連絡し、計画的な取得を心がけますので、ご協力をお願いいたします。

給食について

原則として、給食の提供はありません。お弁当の持参をお願いします。

詳しくは、各家庭福祉員にお問い合わせください。

保育料について

保育料は、児童1人につき、基本料金月額2万円及び諸経費月額5千円を超えない額です。
ただし、食事、ミルク、間食、着替え、おむつその他児童の保育に必要なものは、別途保護者の負担になります。

時間外の超過保育料については、児童1人あたり1時間につき、300円を超えない額です。
ただし、午前7時30分以前及び午後6時以降の超過保育料は、児童1人あたり1時間につき500円を超えない額です。
(詳細は、家庭福祉員ごとに異なります。各家庭福祉員にお問い合わせください。)

添付ファイル

北区家庭福祉員ポスター(PDF:96KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部保育課私立保育園係

東京都北区王子本町1-15-22北区役所第一庁舎2階2番

電話番号:03-3908-1333