ホーム > 子育て・教育 > 児童館・学童クラブ > 今後の児童館のあり方に関する基本方針

ここから本文です。

掲載開始日:2013年4月1日

最終更新日:2015年8月28日

今後の児童館のあり方に関する基本方針

少子化、核家族化、共働き家庭の増加、景気の後退に伴う経済環境の変化などにより、子どもたちを取り巻く環境は大きく変化しています。こうした中で、子どもや子育て家庭の視点に立ち、家庭・地域・子どもに関わる全ての施設が協力して、次代を担う子どもたちが健やかに生まれ育つための環境をつくり、子育ちと子育てを支える地域社会を創り出すことが重要です。

また、在宅で子育てをしている親子の居場所や中高生の居場所として児童館が求められている状況や小学校を活用した全児童対策である放課後子どもプランの実施など児童館を取り巻く状況も大きく変化しています。そこで、今後の児童館に求められている機能や役割を検討し、「今後の児童館のあり方に関する基本方針」を策定しました。

この基本方針は、下記の添付ファイルにてご覧いただけるほか、子育て支援課次世代育成係(第一庁舎2階)、区政資料室(第一庁舎1階)、各児童館・各児童室および各図書館にて冊子の閲覧ができます。

ダウンロード

今後の児童館のあり方に関する基本方針(PDF:1,304KB)

 

目的別・年齢別に探す

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部子ども未来課次世代育成係

東京都北区滝野川2-52-10(旧滝野川中学校)北区役所滝野川分庁舎1階1番

電話番号:03-3908-9097