ホーム > 子育て・教育 > 手当・助成 > 子ども医療費助成 > 子ども医療費助成(助成内容)

ここから本文です。

掲載開始日:2010年2月1日

最終更新日:2019年7月30日

子ども医療費助成(助成内容)

助成できるもの

子どもが病院や薬局等で健康保険の適用される診療や投薬を受ける際に、保護者が負担する金額。

※入院時の食事療養費の助成は平成27年10月入院分から廃止となりました。

※今後も安定して制度を利用していただくために、適正な受診を心掛けていただきますようお願いいたします。

助成できないもの

  1. 入院時の食事療養費
  2. 健康保険のきかないもの
    • 健康診断(乳児定期健診含む)
    • 予防接種
    • 文書料 
    • 選定療養費
    • 差額ベッド代
    • 薬の容器代 など
  3. 交通事故等で被害を受けた場合。ただし、自己の責任によらないもの。
  4. 学校などでケガをしたとき

   ※学校管理下で発生した事故(初診から治癒までの保険点数の合計が500点以上のもの)は、子ども医療助成費の適用外です。

   日本スポーツ振興センターの災害共済給付が受けられますので、学校の養護教員までご報告ください。

健康保険制度との調整を行うもの

高額療養費及び付加給付制度が適用された場合

高額療養費は受診した1カ月の世帯自己負担限度額を超えて、一部負担金を支払った場合に健康保険組合が被保険者に対して支給(負担)する制度です。また健康保険組合によっては、自己負担の一部を付加給付金として払い戻すところがあります。
子ども医療費助成の現金支給請求の際には、高額療養費及び付加給付金額を確認させていただく場合があります。

医療費を全額(10割)支払った場合

お子様の名前が保険証に記載される前、または治療用装具を製作したときなどは、医療費を全額支払うこととなります。保険給付分(7割から8割分)の払い戻しを受けた後に、自己負担金(2割から3割分)を子育て給付係に請求してください。

関連リンク

子ども医療費助成(現金支給請求)

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部子ども未来課子育て給付係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階6番

電話番号:03-3908-9096