ホーム > 子育て・教育 > 保育園・幼稚園・認定こども園 > 幼稚園 > 私立幼稚園 > 新制度に移行した私立幼稚園等の利用者負担(保育料)

ここから本文です。

掲載開始日:2015年5月28日

最終更新日:2020年3月19日

新制度に移行した私立幼稚園等の利用者負担(保育料)

北区では、令和元年10月1日から実施される幼児教育無償化に伴い、「子ども・子育て支援新制度」に移行している幼稚園(区内では赤羽幼稚園、北幼稚園)を利用する、3歳から5歳までのすべての子どもたちの教育標準時間の利用者負担額(保育料)が無償化されます。

なお、通園送迎費、食材料費、行事費などは、これまでどおり保護者の負担になります。

ただし、年収360万円未満相当世帯の子どもと、すべての世帯の第三子以降の子どもたちにおいては、給食費が免除されます。該当する保護者の方には、幼稚園等を通じて、「利用者負担額決定通知書」にて通知いたします。(幼稚園等によっては、他に給食費、バス代などの実費徴収や施設整備費などの上乗せ徴収がある場合があります。)

令和元年10月以降の保育料

階層区分 保育料
第1子 第2子 第3子以降
1 生活保護世帯

0円

0円

0円

2 区市町村民税非課税世帯
(区市町村民税所得割非課税世帯含む)

0円

0円

0円

3

区市町村民税所得割課税額
77,100円以下の世帯

0円

0円

0円

4 区市町村民税所得割課税額
211,200円以下の世帯

0円

0円

0円

5 区市町村民税所得割課税額
256,300円以下の世帯

0円

0円

0円

6 区市町村民税所得割課税額
256,300円を超える世帯

0円

0円

0円

 

お問い合わせ

所属課室:教育委員会事務局子ども未来部子ども環境応援担当課 

東京都北区滝野川2-52-10(旧滝野川中学校)北区役所滝野川分庁舎1階3番

電話番号:03-3908-8143