ここから本文です。

掲載開始日:2014年4月1日

最終更新日:2016年7月4日

Hib感染症(ヒブワクチン)

実施内容

接種期間

生後2カ月から生後60カ月に至るまでの間(5歳の誕生日の前日まで)
※「至るまで」となっている場合は、誕生日の前日までが期間となります。
例:生後7カ月に至るまで→1月1日生まれの場合は、7月31日まで(8月1日の前日)

接種回数・間隔

接種開始月齢により、必要な接種回数が異なります。下記の表でご確認ください。

ヒブワクチンの接種回数及び接種間隔

接種開始時期
(最初の接種時の月齢)

接種回数

接種間隔

生後2カ月から生後7カ月
に至るまでに開始

初回接種:3回

追加接種:1回

初回接種
生後12カ月に至るまでの間に27日以上(標準的には56日まで)の間隔をおいて接種
(医師が必要と認める場合は20日以上の間隔をおいて接種)
生後12カ月を超えた場合は初回2回目・初回3回目の接種を行わないでください

追加接種
初回接種終了後7カ月以上(標準的には13カ月まで)の間隔をおいて接種
※生後12カ月に至るまでに初回接種を完了していない場合で追加接種を行う場合は、前回接種から27日以上の間隔をおいて接種
(医師が必要と認めた場合は20日以上の間隔をおいて接種)

生後7カ月に至った日の
翌日から生後12カ月に
至るまでに開始

初回接種:2回

追加接種:1回

初回接種
生後12カ月に至るまでの間に27日以上(標準的には56日まで)の間隔をおいて接種
(医師が必要と認める場合は20日以上の間隔をおいて接種)
生後12カ月を超えた場合は初回2回目の接種を行わないでください

追加接種
初回接種終了後7カ月以上(標準的には13カ月まで)の間隔をおいて接種
※生後12カ月に至るまでに初回接種を完了していない場合で追加接種を行う場合は、前回接種から27日以上の間隔をおいて接種
(医師が必要と認めた場合は20日以上の間隔をおいて接種)

生後12カ月に至った日の
翌日から生後60カ月に
至るまでに開始

1回

 

標準的な接種期間

初回接種開始は生後2カ月~生後7カ月に至るまで

子どもの予防接種のスケジュール(日本小児科学会推奨)(外部サイトへリンク)

通知・予診票の送付

予防接種のお知らせと予防接種に必要な「予診票」は、乳幼児(3・4カ月児)健診のお知らせと一緒にお送りいたします。接種が完了していない方で予診票がお手元にない場合はお問い合わせください。

接種ワクチン

乾燥ヘモフィルスb型ワクチン(ヒブワクチン)

会場と日程

協力医療機関にて実施しています。
診療時間・休診日は各医療機関で異なります。また、ワクチンの取り寄せが必要になる場合がありますので事前に医療機関にお問い合わせの上接種を受けてください。
なお、他の22区の協力医療機関でも接種できます。その際は、当該区の協力医療機関であることを必ず事前に確認してください。

保護者の方が同伴できない場合

お子さんの定期の予防接種には、原則、保護者の同伴が必要です。
諸事情で保護者が同伴できない場合は、「保護者以外の方が同伴する場合」をご参照ください。

 ご案内・予診票の送付に関するお問い合わせ

健康推進課王子健康支援センター

担当地区:王子・豊島・堀船・東十条・王子本町・岸町・中十条・十条台・十条仲原・上十条
所在地:北区東十条2-7-3北区保健所1階電話:03-3919-7588
受付時間:午前8時30分から午後5時まで

健康推進課赤羽健康支援センター

担当地区:赤羽・西が丘・赤羽西・赤羽北・赤羽南・赤羽台・志茂・岩淵町・浮間・桐ヶ丘・神谷
所在地:北区赤羽南1-13-1(赤羽会館6階)電話:03-3903-6481
受付時間:午前8時30分から午後5時まで

 

健康推進課滝野川健康支援センター

担当地区:滝野川・西ヶ原・栄町・上中里・中里・昭和町・田端新町・東田端・田端
所在地:北区西ヶ原1-19-12電話:03-3915-0184
受付時間:午前8時30分から午後5時まで

 関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課健康係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎1階6番

電話番号:03-3908-9016