ホーム > 子育て・教育 > 乳幼児健診・予防接種 > 骨髄移植などの理由により再度予防接種の必要がある方へ

ここから本文です。

掲載開始日:2014年5月26日

最終更新日:2019年4月5日

骨髄移植などの理由により再度予防接種の必要がある方へ

骨髄移植手術などにより、接種済みの予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断され、任意で再度の予防接種を受ける費用について助成します。

対象者

再接種日現在、北区に住所を有する下記の事項すべてに該当するお子さんの、予防接種費用を負担した保護者。
(1)がん治療や臓器移植等により、接種済みの予防接種の予防効果を期待することができないと医師に判断されていること。
(2)再接種日現在区内に住所を有する未成年者であること。

対象となる予防接種

再接種日現在、予防接種法に規定されているA類の予防接種
※再度接種する予防接種に限ります。
※治療により接種する機会を逃してしまった場合は、別の救済制度がございます。
※ワクチンごとに助成額の上限があります。

予防接種費用請求方法(接種を受けた後)

申請は窓口のみです。申請の際には以下の必要書類等をご持参ください。

[1]領収書(原本)
※予防接種ごとの接種費用、実施医療機関名、再接種日が確認できるか確認してください。
※複数の予防接種を同時に接種した場合で、領収書に各ワクチンの単価が記載されていない時はあらかじめ医療機関へ単価を確認してください。
[2]予診票の原本又はその写し
[3]がん治療や移植手術等により、接種済みの予防接種の予防効果が期待できない旨の医師の理由書
[4]接種済みの予防接種の記録が記載されているもの(母子健康手帳、予防接種済証等)の写し
[5]印鑑(シャチハタ不可)
[6]振込口座のわかるもの(通帳等)

申請期限

予防接種を受けた日から1年以内。
※1年を経過してからの申請はできませんので、ご注意ください。

健康被害発生時の補償

任意で再度の予防接種を受ける場合は、予防接種法に規定されている定期予防接種にはあたりません。この予防接種が原因で健康被害が生じた場合は、医薬品医療機器総合機構法による被害救済(医薬品副作用救済制度)の対象となる場合があります。独立行政法人医薬品医療機器総合機構へお問い合わせください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課健康係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎1階6番

電話番号:03-3908-9016