ホーム > 子育て・教育 > 妊娠・出産 > 妊娠を希望する女性へ風しん抗体検査・予防接種費用を助成します

ここから本文です。

掲載開始日:2014年5月26日

最終更新日:2018年4月1日

妊娠を希望する女性へ風しん抗体検査・予防接種費用を助成します

風しんは、免疫のない女性が妊娠中に感染すると、先天性風しん症候群の赤ちゃんが生まれる場合があります。
現在、都内で風しんの流行が継続しているため、先天性風しん症候群の発生防止を目的として、対象の方が風しん抗体検査、風しん予防接種・麻しん風しん予防接種を受ける場合に、費用を助成します。

風しん抗体検査、風しん予防接種・麻しん風しん予防接種ともに、北区の協力医療機関のみで実施いたします。北区協力医療機関以外で受けた場合の費用の助成はありませんのでご注意ください。

風しん抗体検査

対象者

受診日現在、北区に住所を有する19歳以上の妊娠を予定または希望している女性のうち、下記条件をすべて満たすもの

  • 風しんにかかったことがない
  • 風しん予防接種、麻しん風しん予防接種を受けたことがない
  • 原則として風しんの抗体検査を受けたことがない

※北区に住民票がある方でないと補助は受けられません。

助成期間

平成26年4月1日から

助成回数・助成額

1回のみ、全額助成(医療機関窓口での支払はありません)

申込方法

風しん抗体検査を受けるには、あらかじめ北区に申込が必要です。

申込は、電話でご連絡いただくか、ハガキまたはファクスで、「風しん抗体検査申込」、住所、氏名、生年月日、性別、電話番号、ファクス番号を記入して下記申込先まで送付してください。

申込を受付しましたら、風しん抗体検査受診票を送付いたします。

【申込先】北区健康推進課健康係
電話03-3908-9016
FAX03-3905-6500
〒114-8508北区王子本町1-15-22

受診方法

下記書類を持参してください。予約が必要な医療機関がありますので、事前に検査を希望する医療機関へお問い合わせください。

  • 受診時の住所及び年齢が確認できる本人確認書類(運転免許証、住所を確認できる健康保険証等)
  • 北区から送付する風しん抗体検査受診票(受診者の氏名が記載されているもの)

北区の協力医療機関一覧は下記添付ファイルをご覧ください。

抗体検査受診票は北区に提出されます。ご了承ください。

結果の説明

抗体検査の結果は、医療機関が指定した日以降に受診した医療機関にお越しいただくか、医療機関からの郵送で説明を受けることができます。

医療機関によっては、結果説明は来院のみ(郵送不可)の場合もありますので、受診前に必ずご確認ください。

風しん予防接種、麻しん風しん予防接種

風しん抗体検査を受診したすべての方が予防接種の助成の対象になるとは限りません。ご注意ください。

対象者

接種日現在、北区に住所を有する19歳以上の妊娠を予定または希望している女性のうち、下記条件をすべて満たすもの

  • 風しんにかかったことがない
  • 風しん予防接種、麻しん風しん予防接種を受けたことがない
  • 平成24年4月1日以降に風しんの抗体検査を受診した結果、風しんの抗体価が低いと判定された方(HI法で16倍以下もしくはEIA法で8.0未満)

※北区に住民票がある方でないと補助は受けられません。また、北区が実施する風しん抗体検査を受診した場合でも、接種日までに北区から転出した場合は接種の補助を受けることはできません。

妊娠している方及びその可能性がある方は、接種を受けることができません。なお、接種後2か月間は、妊娠を避けることが必要です。

助成期間

平成26年4月1日から

助成回数・助成額

風しんワクチンもしくは麻しん風しんワクチンいずれか1回のみ、全額助成(医療機関窓口での支払はありません)

接種方法

下記の書類を持参して接種してください。予約が必要な医療機関がありますので、事前に接種を希望する医療機関へお問い合わせください。

  • 接種時の住所及び年齢が確認できる本人確認書類(住民基本台帳カード、運転免許証、住所を確認できる健康保険証等)
  • 風しん抗体検査受診票(予防接種予診票添付用)

北区が実施する風しん抗体検査を受診していない場合は、風しん抗体価が不十分な者であることがわかる検査結果の書類(平成24年4月1日以降に受診したものに限る。)

予防接種の予診票は北区の協力医療機関医療機関に備え付けてあります。
※北区の協力医療機関一覧は下記添付ファイルをご覧ください。
※接種後の予診票は北区に提出されます。ご了承ください。

健康被害発生時の補償

この予防接種は、予防接種法に基づいた「定期の予防接種」ではなく、本人もしくは保護者の希望による「任意予防接種」になります。予防接種が原因で健康被害が生じた場合の救済制度が異なります。定期の予防接種は「予防接種法」に基づき救済されますが、任意予防接種については、東京都北区予防接種事故災害補償要綱に基づく補償及び医薬品医療機器総合機構法による被害救済(医薬品副作用救済制度)の対象となる場合があります。

添付ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康推進課健康係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎1階6番

電話番号:03-3908-9016