ホーム > 防災・防犯 > 防災 > その他の防災対策 > 災害時要援護者防災行動マニュアル

ここから本文です。

掲載開始日:2012年8月8日

最終更新日:2015年10月20日

災害時要援護者防災行動マニュアル

近年多発している大規模な地震や風水害の発生時には、高齢者の方、障害のある方の多くは正確な情報の入手や自力での避難が困難なため、大きな被害を受ける可能性が高くなることが想定されます。

災害の発生は予測困難であり、また、その内容・規模なども様々です。しかし、事前の備えを十分に行うことにより、被害を最小限にくいとめることができます。

この「災害時要援護者防災行動マニュアル」は、災害時要援護者の方々に災害発生時にとるべき行動について理解していただくとともに、区民の方々に対して関心を高めていただくことを目的として作成しました。

マニュアルは、健康福祉課、各高齢者あんしんセンター及び各地域振興室等で配布しておりますので、ご活用ください。

災害時要援護者とは

「災害時に必要な情報を迅速かつ的確に把握し、災害から自らを守るために避難するなどの適切な防災行動をとるために支援を必要とする人」をいいます。

添付ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康福祉課健康福祉係

東京都北区王子本町1-2-11 北区役所第2庁舎2階12番

電話番号:03-3908-9015