ここから本文です。

掲載開始日:2015年2月21日

最終更新日:2017年10月27日

ひとり親家庭の方

ひとり親家庭の方にお知らせ

  • 平成29年9月1日から、ひとり親家庭専門の相談窓口「そらまめ相談室」ができました。

目次

ひとり親家庭等の方への支援制度の一覧です。利用方法等の詳細につきましては、各リンク先をご確認ください。

  1. 相談窓口のご案内
  2. 医療費助成・手当・交付など
  3. 仕事探しの支援制度
  4. 貸付
  5. 割引・減免・補助
  6. 住まい関連
  7. 戸籍
  8. 北区の取り組みについて

相談窓口のご案内

そらまめ相談室(ひとり親家庭等相談室) 

そらまめ相談室は、子育て中のひとり親家庭やそらまめ(ロゴ)、ひとりで子育てをすることに不安を抱えるご家庭の相談室です。日頃の悩みやグチから、生活に関わるお困りごとまで、幅広くご相談に応じ、支援制度などをご案内します。

  • 日常生活についての相談
  • 仕事・就職活動に関する悩み相談
  • ファイナンシャルプランナーによる家計相談
  • 養育費に関する相談(法律相談)

ひとり親家庭のお父様・お母様へ(生活福祉課の支援ご案内)

生活福祉課では、ひとり親(母子・父子)家庭の生活全般の相談に応じています。
ひとり親家庭の母・父の就労支援をはじめ、必要な場合には、母子生活支援施設などの施設入所の案内、健康支援センター、児童相談所など他の機関の紹介や当該機関との連携により、生活上の問題の解決と自立に向けて支援していきます。

関連情報1(北区の目的ごとの相談窓口)

関連情報2(国や東京都など、北区役所以外の相談窓口)

医療費助成・手当・交付など

ひとり親家庭等医療費助成制度

助成を受けるには、所得の制限がありますが、ひとり親世帯等(父または母が重度障害者の場合も含む)で、18歳に達した年度の3月末日(一定の障害がある時は20歳未満)までのお子さんと、そのお子さんを養育している方に、保険適用医療費自己負担分の全額または一部を補助します。

児童育成手当(育成手当)・児童扶養手当

【児童育成手当(育成手当)】
手当を受給するには、所得の制限がありますが、ひとり親世帯等(父または母が重度障害者の場合も含む)で、18歳に達した年度の3月末日までのお子さんを養育している方に、手当を支給します。
《支給手当 月額 13,500円》

【児童扶養手当】
手当を受給するには、所得の制限がありますが、ひとり親世帯等(父または母が重度障害者の場合も含む)で、18歳に達した年度の3月末日(一定の障害がある時は20歳未満)までのお子さんを養育している方に、手当を支給する制度です。

都営無料乗車券の交付について(くらしにお困りの方)

児童扶養手当を受給されている方への制度です。
無料乗車券発行となる対象者は、世帯員のうち1名のみです。

ひとり親家庭休養ホーム事業

ひとり親家庭と判断できる書類(児童扶養手当証書、ひとり親医療証など)をお持ちください。
ひとり親家庭のみなさんに親子そろってレクリエーションを楽しんでいただくため、北区指定の日帰り施設(プール・遊園地)の利用料の一部を助成する、ひとり親家庭休養ホーム事業を行っています。

関連情報(子育てを支援する医療費助成・手当など)

仕事探しの支援制度

関連情報(北区役所以外の相談・支援センター)

 貸付

関連情報(北区役所以外の貸付制度)

割引・減免・補助制度

関連情報(教育に関する支援制度)

 住まい関連

関連情報(住まいに関する支援制度)

 戸籍

 北区の取り組みについて

その他