ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > フォトアルバム > 平成30年(2018年) > 2018年3月 > <事前案内>旧古河庭園100年記念オープニングフェスティバル

ここから本文です。

最終更新日:2018年3月13日

<事前案内>旧古河庭園100年記念オープニングフェスティバル

180313-2

写真:旧古河邸と洋風庭園(5月頃の風景)

平成30年4月7日(土曜日)・8日(日曜日)、旧古河庭園(西ケ原1-27-39)で、「旧古河庭園100年記念オープニングフェスティバル」が開催される。
園内では、オープニングセレモニーを開催するほか、弦楽四重奏などによる音楽会、約60分の庭園ガイドを実施。北区の物産などを販売する売店やキッチンカーも出店し、来園者とともに同園の完成100年を盛大に祝う。また、4月7日(土曜日)は先着300名に100年記念缶バッジ等の同園オリジナルグッズをプレゼント。
古河家がこの地に居を構えたおよそ100年前、近隣の飛鳥山には渋沢栄一が暮らし、田端では芥川龍之介などの文士や芸術家が活躍していた。同イベントを皮切りに、平成30年4月から12月までの間、飛鳥山3つの博物館(紙の博物館・渋沢史料館・飛鳥山博物館)や田端文士村記念館をはじめとした近隣施設や市民団体と連携して「旧古河庭園の完成100年」に関連する多様な事業を展開し、エリア全体でお祝いムードを演出していく。
入園料は一般150円、65歳以上は70円(小学生以下、都内在住・在学の中学生無料)。開園時間は午前9時から午後5時(入園は午後4時30分まで)。

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102