ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > フォトアルバム > 平成30年(2018年) > 2018年5月 > <事前案内>「田端に集まる理由(ワケ)がある~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村~」

ここから本文です。

最終更新日:2018年5月7日

<事前案内>「田端に集まる理由(ワケ)がある~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村~」

180507_1

「芥川龍之介」©国立国会図書館

平成30年5月15日(火曜日)から、田端文士村記念館(田端6-1-2)で、開館25周年を記念する企画展の第2弾として「田端に集まる理由(ワケ)がある~芥川龍之介が王様!?大正時代の文士村」が開催される。9月23日(日・祝)まで。入場無料。
この企画展では、田端文士芸術家村史上の最盛期である大正時代に焦点をあて、王様・芥川が君臨した当時の作品とともに周辺の文士・芸術家との交流を紹介する。なかでも大正14年に芥川龍之介が室生犀星に宛てた見舞礼状からは、床に伏す自身と贈られてきた魚を重ね「可笑しくもあはれ」と自嘲し、共通の弟子・堀辰雄をタッチャンコと愛称で記するなど、気取らない芥川の姿を垣間見ることができる。

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102