ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > フォトアルバム > 令和3年(2021年) > 2021年10月 > 「芥川龍之介 旧居跡地に刻まれた記憶 ~出土品から辿る渋沢栄一との繋がり~」開催

ここから本文です。

最終更新日:2021年10月17日

「芥川龍之介 旧居跡地に刻まれた記憶 ~出土品から辿る渋沢栄一との繋がり~」開催

211017-1

講座の様子

令和3年10月17日(日曜日)、田端文士村記念館(田端6-1-2)で、田端ひととき講座「芥川龍之介 旧居跡地に刻まれた記憶 ~出土品から辿る渋沢栄一との繋がり~」が開催された。
本講座は、(仮称)芥川龍之介記念館開設準備に伴う埋蔵文化財発掘調査の中で、旧居跡地から発見された近代遺物について、芥川の生きた時代や、芥川家と渋沢栄一翁との知られざる関係とともに紹介する、同館特別展の関連講座として開催されたもの。
この日、講師となった同館研究員の木口氏は、講座の中で、芥川龍之介が作品の中で記した言葉や、芥川家の当時の写真やエピソードとともに、旧居跡地の記憶が刻まれた貴重な資料から垣間見ることのできる、当時の人々の暮らしや文化の一端について解説した。

211017-2

「耕牧舎」の牛乳瓶

211017-3

「樂天堂醫院」薬瓶

お問い合わせ

所属課室:【その他】田端文士村記念館

電話番号:03-5685-5171