ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 平成29年9月プレスリリース > <事前案内>「二十五周年記念 北区伝統工芸展」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2017年9月13日

最終更新日:2017年9月13日

<事前案内>「二十五周年記念 北区伝統工芸展」開催

170913

平成29年9月23日(土曜・祝日)・24日(日曜日)、北とぴあ(王子1-11-1)で、『第25回北区伝統工芸展』を開催する。

会場では、東京仏壇や東京手描友禅など伝統の技を継承する職人たちの熟練の手さばきを間近で見学できるほか、参加者も匠の指導のもとで伝統の技を体験できる。また、北区伝統工芸保存会会員らによる彫金、銀細工、江戸文字凧絵、刀鍛冶などおよそ1,000点の作品の展示・即売も行われ、さらに人間国宝で北区名誉区民の奥山峰石氏の鍛金作品も特別展示する。

午前10時から午後6時まで(24日は午後5時まで)。入場無料

(写真:昨年の様子(箸づくり体験))

開催日時

  • 平成29年9月23日(土曜・祝日) 午前10時から午後6時
  • 平成29年9月24日(日曜日) 午前10時から午後5時

開催場所

北とぴあ地下1階展示ホール(王子1-11-1)

交通

JR・東京メトロ南北線王子駅下車 徒歩1分

内容

「北区伝統工芸展」は、伝統的な職人の技を披露し、その素晴らしさを身近に感じてもらおうと、北区と北区伝統工芸保存会の共催で毎年開催しており、今回で25周年を迎える。毎年約2,000名もの来場者で賑わう。

会場では同会会員22名による彫金、陶芸、竹工芸、銀細工、江戸べっこう、東京手描友禅、浮世絵木版画など約1,000点の作品を展示・即売する。また、特別展示として、西ケ原在住の鍛金家で、重要無形文化財保持者(人間国宝)および北区名誉区民の奥山峰石氏の作品も展示する。

そのほか、職人たちの手さばきを間近で見ることのできる実演コーナーや、浮世絵木版画摺り体験、江戸べっこうのペンダント・ストラップ作り、表具のからくり屏風作りなど13名の職人による伝統工芸体験コーナー(材料費負担あり)も設けられ、子どもから大人まで、普段なかなか見たり体験したりすることのできない熟練の技を、直接肌で感じられる盛りだくさんの内容となっている。

主催

北区・北区伝統工芸保存会

出展者リスト

業種

名前

実演

展示

即売

体験

体験内容

費用

鍛金

奥山 峰石

特別展示

特別展示

-

-

彫金

齋藤 照英

-

-

鎚金

小島 保彦

-

-

小島 保美

-

-

浮世絵木版画

沼辺 伸吉

終日

浮世絵木版画(短冊判の大きさ)の摺体験

500円

江戸べっこう

森 俊昭

終日

ペンダント・ストラップづくり

500円

竹工芸

早船 豊次

-

-

東京仏壇

岩田 芳樹

終日

コースターづくり、箸づくり

600円~

800円

岩田 晴芳

東京手描友禅

佐藤 信男

-

-

江戸文字凧絵

志村 康夫

終日

竹骨つきの凧にキツネの絵を描く

500円

陶芸

星野 兼三

-

-

縁起福熊手

芝﨑 善治

-

-

表具

望月 一志

10時~16時

ハガキ掛け、からくり屏風作り

500円~
1000円

相沢 彰宏

我妻 雅之

銀細工

小島 信重

終日

アルミメダルの荒し分け体験

300円

小島 信一

とんぼ玉

なかの 雅章

終日

とんぼ玉体験、アクセサリー作り体験

1000円~

古型今戸人形

吉田 義和

終日

型を使った粘土成型

540円

(送料込)

染付

高橋 友穂

-

-

陶芸

酒井 智子

終日

小皿に絵付けを体験

800円

(送料込)

刀鍛冶

水木 良光

-

-

(平成29年9月13日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:地域振興部産業振興課商工係

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ11階)

電話番号:03-5390-1235

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102