ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 平成29年12月プレスリリース > 「テニスフェスティバル2017」で車いすテニスを体験

ここから本文です。

掲載開始日:2017年12月17日

最終更新日:2017年12月17日

「テニスフェスティバル2017」で車いすテニスを体験

171217-112月17日(日曜日)、浮間舟渡テニスコート(浮間4-27-1)で、「テニスフェスティバル2017」を開催した。
これは、障害の有無に関わらず、アスリートと車いすテニスを体験することを通じて、障害者スポーツへの理解・関心を深めてもらおうと開催したもの。今年で4回目。45名が参加した。
この日、2016年パラリンピックリオデジャネイロ大会(車いすテニス・男子ダブルス)に出場し、銅メダルを獲得した齋田悟司選手と世界ランキングシングルス9位の眞田卓選手らが特別コーチとして直接指導を行った。
参加者は、ハの字型に車輪が傾いた競技用車いすの扱い方等に苦戦しながらも、およそ2時間かけてレッスンを受け、障害者スポーツの奥深さ、面白さを感じ取っていた。

(写真:車いすテニス体験の様子)

23区で唯一の障害者専用スポーツ施設「東京都障害者総合スポーツセンター」(十条台1-2-2)がある北区では、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に向け、区民の障害者スポーツに対する理解・関心を深めてもらおうと、障害者と健常者が一緒にスポーツ体験をする「北区ハートスポーツフェスタ2017」や、北区在住のパラリンピアンを招いた講演会を開催するなど、さまざまな取り組みを行っている。
この取り組みの一環として、12月17日(日曜日)、浮間舟渡テニスコートで開催した『テニスフェスティバル2017』には、2003年に日本人選手として初めて国際テニス連盟から「世界車いすテニスプレイヤー賞」を受賞した齋田悟司選手や、2016年パラリンピックリオデジャネイロ大会で男子ダブルス4位に入賞した眞田卓選手、日本テニス協会公認S級エリートコーチの資格を持つ山本育史氏、安宅美弥子氏らが講師として登場し、参加者に直接指導をした。

障害者と健常者が一緒になって体験した車いすテニス体験会では、参加者はまず、齋田、眞田両選手から、車いすの扱い方の指導を受けた。競技用の車いすは、車輪が通常のものと違い、瞬時の判断に対応できるよう「ハ」の字に曲がっている。そのため、左右一緒に均等の力で車輪をこぐことが真っ直ぐ進むためのコツ。はじめは、ラケットを持つ手の車輪が回転不足で、利き手方向に曲がってしまったりと四苦八苦する姿も多く見られたが、徐々に車いすの扱い方にも慣れてきた様子。次に両選手とのラリーに挑戦。アドバイス通り、ボールの落下点に移動することを第一に意識しながら、ラリーを繰り返していくにつれて、強いストロークを打ち込む参加者も現れ、両選手からも称賛の声が上がっていた。

参加した小学5年生の女の子は「車いすテニスを初めて体験しました。ボールに追いつく余裕がなく、とても難しかったですが、楽しかったので、またやってみたいです。」と満足そうに話してくれた。

齋田悟司選手プロフィール

14歳から車いすテニスを始める。1996年アトランタ大会から6大会連続パラリンピック出場。2003年、日本人選手としては初めて国際テニス連盟が選出する世界車いすテニスプレイヤー賞を受賞。2004年アテネ大会ダブルスで、国枝慎吾選手とペアを組み、金メダルを獲得した。現在も、株式会社シグマクシスに所属し、車いすテニスのプレイヤーとして活躍中。

1996年 パラリンピックアトランタ大会出場
・2000年 パラリンピックシドニー大会 8位
・2004年 パラリンピックアテネ大会 ダブルス金メダル
・2008年 パラリンピック北京大会 ダブルス銅メダル
・2016年 パラリンピックリオデジャネイロ大会 ダブルス銅メダル

眞田卓選手プロフィール

19歳から趣味で車いすテニスを始め、世界に進出してからは、わずか1年半で世界のトップ10入り。持ち味は世界一速いと言われるフォアハンドショット。2011年から現在まで日本代表選手として活躍中。凸版印刷株式会社に所属。

2012年 パラリンピックロンドン大会出場
・2014年 アジアパラリンピックゲームス シングルス銀メダル・ダブルス金メダル
・2015年 PTR Wheelchair Tennis Championships シングルス優勝
・2016年 パラリンピックリオデジャネイロ大会 シングルスベスト16・ダブルス4位

 

(平成29年12月17日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:地域振興部スポーツ推進課スポーツ推進係

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ10階)

電話番号:03-5390-1134

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102