ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 平成30年12月プレスリリース > 「魅力発見!北区東京学生プレゼンコンテスト2018」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2018年12月2日

最終更新日:2018年12月2日

「魅力発見!北区東京 学生プレゼンコンテスト2018」開催

181202-1-112月2日(日曜日)、北とぴあ(王子1-11-1)で、大学生によるプレゼン大会「魅力発見!北区東京 学生プレゼンコンテスト2018」を開催した。
これは、大学のゼミに所属する学生と区内の商店街・中小企業が協力して、区内商工業をPRするというもの。
テーマは「こころ惹かれる自転車の新商品アイデア」。4大学8チーム計41名のゼミ生が、区内企業の自社ブランド自転車について企画を検討。本年6月から約半年間にわたり調査、取材、研究等を行い、本日のプレゼンを実施。学生ならではの柔軟な発想を活かした様々な企画・提案を発表した。
審査の結果、最優秀賞に選ばれたのは、東洋大学経営学部竹内ゼミナールのチーム。「サドルの悩みを解決」するアイデアを提案した。

(写真:表彰式の様子)

「魅力発見!北区東京 学生プレゼンコンテスト」は、産学連携事業の一つとして、大学のゼミに所属する学生と区内の商店街および中小企業が協力して、区内商工業をPRすることを目的としている。学生チームからのエントリーを幅広く募集し、実地調査や取材、研究を基に考えた企画・提案を発表してもらうというもの。今回からは、平成28、29年度に開催した「地域の魅力発信プロジェクト」を継承しつつ、商工業のPRにより重点を置いた内容としてリニューアル開催した。

今回のテーマは「こころ惹かれる自転車の新商品アイデア」。区内の株式会社玉越工業の自社ブランド自転車について、同社の強みを活かした新商品アイデアを検討するという内容に、4大学8チーム計41名のゼミ生が応募。学生たちは本年6月から約半年間の調査、取材、研究等の活動を経てアイデアを持ち寄り、この日のプレゼンコンテンストに臨んだ。

IoTの観点から位置情報タグを自転車に取り付けて盗難・放置ゼロを目指すといった、学生ならではの柔軟な発想を活かした提案から、幼児用自転車のシェアサイクルで子育て世代のコミュニティ形成を促すといった、実現可能性も十分考慮に入れた提案まで、目新しい様々な提案が次々と発表され、審査員はしきりに頷きながら聞き入っていた。

審査は7項目の基準をもとに順位が決められ、最優秀賞には、東洋大学経営学部竹内ゼミナールのチーム「ちーむおいどんver.2」が選ばれた。この提案は、サドルが雨に濡れたり盗難されやすいといった問題点を、バッグとして持ち運ぶことにより解決するもので、斬新ながらも効果が期待できるアイデアだった。

最優秀賞に選ばれた同チーム3年生の中村祐貴さんは「ターゲットの意見を取り入れたり、アイデアに独自性を出すことに苦労しましたが、昨年の悔しさを晴らすことができ嬉しいです。将来は製品開発に携わりたいです」。と話してくれた。

結果

○最優秀賞:東洋大学 経営学部 竹内ゼミナール チーム「ちーむおいどん ver.2」
○優秀賞:東洋大学 経営学部 蜂巣ゼミナール チーム「はっちーず」
○敢闘賞:千葉商科大学 商経学部 産学連携ゼミナール チーム「ザ・トリプル・スリー」
      東京成徳大学 経営学部 三枝ゼミナール チーム「風のチャリン子団」

審査員

株式会社玉越工業代表者、北区販路コーディネーター、北区経営アドバイザー

審査基準

1.~7.の合計70点
【審査項目】
1.情報収集力 2.論理性 3.具体性 4.独自性 5.プレゼン力 6.熱意 7.質問対応力

 

 (平成30年12月2日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:地域振興部産業振興課商工係

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ11階)

電話番号:03-5390-1235

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102