ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和元年9月プレスリリース > 敬老の日を前に北区長が紀寿を祝う

ここから本文です。

掲載開始日:2019年9月11日

最終更新日:2019年9月11日

敬老の日を前に北区長が紀寿を祝う

190911-19月11日(水曜日)、花川與惣太北区長は、来年3月15日に100歳の誕生日を迎える金澤まさ子さん(北区滝野川在住)を表敬訪問し、お祝いの言葉と記念品を贈って長寿を祝った。
101歳になる夫と助け合いながら暮らす金澤さんは、絵を描くことやガーデニングが趣味で、入浴、食事など身の回りのことも自分で行い健康に暮らしている。
花川区長は、「おめでとうございます。120歳を目指して頑張ってください。」とお祝いの言葉を贈った。

(写真:記念品贈呈の様子)

北区では、区の優先課題の一つとして「長生きするなら北区が一番」を掲げており、毎年100歳を迎える区民と最高齢の区民の方へ、長寿を祝して記念品を贈呈している。今年度(9月1日現在)、北区では、94名(男性:11名、女性:83名)が100歳を迎え、最高齢は女性の108歳となっている。

この日、花川区長が表敬訪問した金澤まさ子さん(大正9年生まれ)は、茨城県稲敷市出身で、若いころ約5年間、家政科の教員をしていた。2人姉妹の2番目として生まれ、昭和27年から北区滝野川で生活して、子どもは娘と息子2人の計3人。現在は101歳となる夫とともに仲良く助け合いながら元気に暮らしている。昭和19年当時、滝野川地区の小学校教員だった夫や小学生たちと、群馬県中之条町(北区国内友好都市)の四万温泉に一緒に疎開したことはとても心に残っている。

長生きの秘訣は「絵を描いたりガーデニングなど、いろいろな趣味を続けていたこと。」と話す金澤さん。子育てをしながら、家政科の教員時代の経験を活かして、ご近所で和裁を教えていたこともあるそう。家の中では杖等なしで歩けるので、入浴、食事、食器洗いなど身の回りのことは自身で行い、連続テレビ小説を毎日楽しみに観ている。食事は、ご飯と魚が好きで、特に川魚が好き。

一緒に暮らしている夫の「本当にガーデニングが好きで、時間があれば庭に出ているんですよ。」との声に、少し照れくさそうにする金澤さん。花川区長が「夫婦そろって100歳を迎え仲良く暮らしている人生の大先輩をお祝いできて大変光栄です。120歳を目指して頑張ってください。」と言葉を贈ると、益々の笑顔であふれかえった。

(令和元年9月11日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部長寿支援課

電話番号:03-3908-9017

所属課室:政策経営部広報課(報道・ホームページ担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102