ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和元年11月プレスリリース > 「魅力発見!北区東京 学生プレゼンコンテスト2019」開催

ここから本文です。

掲載開始日:2019年11月9日

最終更新日:2019年11月9日

「魅力発見!北区東京 学生プレゼンコンテスト2019」開催

191109-111月9日(土曜日)、北とぴあつつじホール(王子1-11-1)で、大学生によるプレゼン大会「魅力発見!北区東京 学生プレゼンコンテスト2019」を開催した。
これは、大学のゼミに所属する学生と区内の商店街・中小企業が協力して、区内商工業をPRするというもの。
 今年のテーマは「梶原銀座商店街の魅力発信」。3大学6チーム計51名のゼミ生が、本年6月から約半年間にわたり調査、取材、研究等を行い、本日のプレゼンを実施。学生ならではの柔軟な発想を活かした様々な企画・提案を発表した。
審査の結果、最優秀賞に選ばれたのは、東洋大学経営学部竹内ゼミナールのチーム。「かじわら頂上決戦!POPグランプリ」を提案した。

(写真:表彰式の様子(最優秀賞) )

「魅力発見!北区東京 学生プレゼンコンテスト」は、産学連携事業の一つとして、大学のゼミに所属する学生と区内の商店街および中小企業が協力して、区内商工業をPRすることを目的としている。学生チームからのエントリーを幅広く募集し、実地調査や取材、研究を基に考えた企画・提案を発表してもらうというもの。
今年のテーマは「梶原銀座商店街の魅力発信」。3大学6チーム計51名のゼミ生が応募。学生たちは本年6月から約半年間の調査、取材、研究等の活動を経てアイデアを持ち寄り、この日のプレゼンコンテンストに臨んだ。


商店街内にある愛宕地蔵尊に注目し、お地蔵様の形の灯篭を装飾するという提案や、使わなくなった子ども用品をリサイクルとして出すことで、希望の子ども用品とし交換することができるコストと継続性を考えた提案などが発表された。中には商店街22店舗へのヒアリングや近隣親子100組にアンケートを取るなど、地域の声を考慮した提案もあり、審査員はしきりに頷きながら聞き入り、質問が飛び交っていた。


審査は7項目の基準をもとに順位が決められ、最優秀賞には、東洋大学経営学部竹内ゼミナールの「チームバンミー」が選ばれた。この提案は、小学生が店舗のPOP作り、地域の人の投票によりグランプリを決めるもので、子どもや親に足を運んでもらうこと、さらにPOPを活用して商店街MAPを作成することで、集客と情報発信ツールの2つの観点から商店街を活性化するというもので、地域全体を巻き込む斬新なアイデアだった。
最優秀賞に選ばれた同チーム3年生の中谷さんは「商店街の方に参加店舗として賛同していただくまでがとても大変でしたが、昨年優勝した先輩に続き、2連覇することができて嬉しいです。」ととびっきりの笑顔で話してくれた。

 

結果

最優秀賞:東洋大学 経営学部 竹内ゼミナール チーム「チームバンミー」
優秀賞:東洋大学 経営学部 鈴木ゼミナール チーム「Amaze」
敢闘賞:成城大学 社会イノベーション学部 内田ゼミナール チーム「トウキョウカプレ」

審査員

梶原銀座商店街代表者、東京都北区商店街連合会代表者、北区経営アドバイザー、北区地域振興部長

審査基準

1.~7.の合計70点
【審査項目】
1.情報収集力 2.論理性 3.具体性 4.独自性 5.プレゼン力 6.熱意 7.質問対応力

(令和元年11月9日プレスリリース)

お問い合わせ

所属課室:地域振興部産業振興課商工係

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ11階)

電話番号:03-5390-1235