ホーム > 区政情報 > 広報・広聴 > 報道 > プレスリリース > 令和2年9月プレスリリース > 令和2年度一般会計補正予算(第4号)案まとまる

ここから本文です。

掲載開始日:2020年9月1日

最終更新日:2020年9月1日

令和2年度一般会計補正予算(第4号)案まとまる

北区は、総額3,538,197千円となる令和2年度一般会計補正予算(第4号)案をまとめた。

区は、新型コロナウイルス感染症対策に全庁を挙げて取り組んでおり、引き続き、子育て、医療、教育、福祉、防災など、あらゆる分野でさらなる支援体制の構築を図るための予算を計上する。

区独自の施策として、国の特別定額給付金基準日の翌日(4月28日)以降に生まれた新生児に対する特別給付金や、新型コロナウイルス感染症入院患者を受入れた医療機関への支援、また、介護・障害福祉サービス事業所へのPCR検査実施などに要する予算を計上する。

その他、冬休み期間中の家庭学習を支援するための児童・生徒への図書カード配布、ひとり親家庭等を支援するためのオンライン相談や子ども食堂に対する補助金の増額等を実施するための予算措置を講じる。
9月14日(月曜日)から開会される令和2年第3回東京都北区議会定例会に上程する。

令和2年度一般会計補正予算(第4号)の主要事業

<新型コロナウイルス感染症対策>

1 新型コロナウイルス対策費(増額)  309,570千円 

新型コロナウイルス感染症拡大による影響等を踏まえ、医療機関への支援や、PCR検査体制ならびに保健所機能の強化を図ります。
(1)新型コロナウイルス感染症の入院患者を受け入れた医療機関への区独自の補助による支援
(2)第一・第二PCR検査センターの運営費の増額
(3)新規入院患者(新型コロナウイルス感染者以外)のスクリーニングPCR検査を実施する区内医療機関に対する検査費用の一部助成
(4)介護・障害福祉サービス事業所における新規入所者等へのPCR検査の実施
(5)唾液によるPCR検査において検体採取する医療機関の取組みに対し
 ・1か所当たり50万円の支援金を交付
 ・院内感染対策として施設整備を行う際、都補助金(上限100万円)に上乗せした補助(最大50万円/所)を実施
(6)分娩前にPCR検査を受ける場合、検査費用を助成
(7)新規陽性者の増加等を踏まえ、人材派遣による保健師の増員等を実施

2 新生児臨時特別給付金事業費  281,151千円 

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯を支援するため、区独自の施策として、国の特別定額給付金の基準日の翌日である令和2年4月28日から令和3年4月1日までに生まれた新生児に対し、1人あたり10万円の特別給付金を給付します。

3 家庭学習教材購入支援事業費  63,710千円 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴う臨時休校の影響を踏まえ、冬休み期間中の家庭学習を支援するため、全児童・生徒に図書カード(3,000円分)を配布します。

4 生活困窮者自立支援事業費(増額)     242,302千円 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により住居確保給付金の申請件数が増加し、給付金の不足が見込まれるため増額します。

5 認証保育所等保育料補助費(増額)   24,750千円

新型コロナウイルス感染症の感染拡大により保育所等が臨時休園になった際に、仕事を休むことが困難な保護者が、ベビーシッターを利用した場合の利用料の一部を補助します。

6 子どもの未来応援事業費(増額)   5,429千円

新型コロナウイルス感染症の影響を受けているひとり親家庭を支援するため、そらまめ相談室にオンライン相談を導入するなど相談体制の充実を図ります。また、在宅の子どもや保護者に食事の提供を行う子ども食堂に対する補助金を増額します。

7 妊産婦保健相談事業費(増額)   1,134千円 

新型コロナウイルスへの感染により、育児への不安が強い妊産婦に対し、助産師等が訪問による専門的なケアや電話による相談支援を行います。

8 学校運営費【中学校費】(増額)   12,600千円 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、中止とした区立中学校全校の修学旅行のキャンセル料について、保護者の負担軽減を図るため、全額補助します。

9 備蓄物資購入費(増額)   16,789千円 

区内福祉避難所(51か所)への感染症対策を講じるため、マスク・消毒液・防護服・段ボールベッド・パーテーションのほか、福祉避難所利用者に配慮した個別マット・介護用畳等の物資を配備します。

10 災害医療救護費(増額)     1,470千円 

災害発生直後、超急性期への備え、さらに新型コロナウイルス感染症拡大への備えとして、区内緊急医療救護所において、傷病者等のトリアージを行う前に、検温等の動線確保に必要となる天幕テントを配備します。

11 地域公共交通推進費(増額)     30,000千円 

新型コロナウイルス感染症の影響により、コミュニティバス乗客数が大きく減少しており、想定していた利用料収入が見込めないため、運行支援にかかる経費を増額します。

12 指定管理者施設への利用料金収入にかかる減収補てん   380,184千円 

利用料金制を導入している指定管理者施設に対し、新型コロナウイルス感染症の影響による4月から9月分までの減収分について、以下の基準により補てんします。
(1)施設利用キャンセルに伴う利用料の還付
(2)緊急事態宣言に伴う施設利用の休止や休館による減収
(3)利用自粛による減収
◆対象施設―北とぴあ、赤羽会館、滝野川会館、元気ぷらざ、体育館(桐ケ丘、滝野川、赤羽)、プール(十条台小学校温水プールほか4施設)、屋外スポーツ施設(北運動場ほか9施設)、デイサービス、特別養護老人ホーム(ショートステイ)、荒川岩淵関緑地バーベキュー場等、那須高原学園、文化センター

<区の喫緊の課題への取組み>

13 仮称区営シルバーピア栄町用地取得費  797,940千円 

区営シルバーピア栄町の建設予定地の用地取得について、取得費用を計上します。

14 私立保育所整備費助成費(増額)   539,401千円 

令和3年4月に向け、待機児童の多い滝野川地区に、私立保育所を2園誘致するための経費等を計上します。

15 学童クラブ整備費(増額)      14,109千円 

将来的に教室不足が見込まれる王子小学校について、教室不足と学童クラブの利用希望者数の増加に対応するため、育ち愛ほっと館跡地に学童用の施設を整備します。

16 GIGAスクール構想事業費【小学校費】(増額)  8,250千円
17 GIGAスクール構想事業費【中学校費】(増額)   2,750千円 

家庭学習や校外学習においてタブレット端末を効果的に活用できるようにするため、モバイルルーターを購入します。

18 地域美化・路上喫煙対策推進事業費(増額)      7,359千円 

赤羽駅東口における指定喫煙場所の環境改善を図るため、都補助金を活用し、可動式パーテーションを設置します。(令和3年1月に設置予定)

 

(令和2年9月1日プレスリリース)


お問い合わせ

所属課室:政策経営部財政課

電話番号:03-3908-1105