ここから本文です。

掲載開始日:2009年7月7日

最終更新日:2017年6月1日

過去の受賞作品 

作品名 作者名
第1回 大賞 『黒い服の未亡人』 汐見 薫
区長賞 『冬霞(ふゆがすみ)』 福岡 青河
佳作 『星降夜(ほしふるよる)』 田中 昭雄
第2回 大賞 『夢見の噺』 清水 雅世
区長賞 『江戸切絵図の記憶』 跡部 蛮
区民賞 『朝の幽霊』 永沢 透
第3回 大賞 『ドリーム・アレイの錬金術師』 山下 欣宏
区長賞 『祐花とじゃじゃまるの夏』 蒲原 文郎
審査員特別賞 『十六夜華泥棒(いざよいはなどろぼう)』  山内 美樹子
第4回 大賞 『師団坂・六〇』 井水 伶
区長賞(特別賞) 『志乃の桜』 高田 郁
浅見光彦賞(特別賞) 『オルゴールメリーの残像』 井上 凛
第5回 大賞 『天狗のいたずら』 田端 六六
区長賞(特別賞) 『あるアーティストの死』 櫻田 しのぶ
浅見光彦賞(特別賞) 『市役所のテーミス』 古澤 健太郎
第6回 大賞 『金鶏郷に死出虫は嗤う』 やまき 美里
区長賞(特別賞) 『若木春照の悩み~ゲーテの小径殺人事件~』 小堺 美夏子
浅見光彦賞(特別賞) 『雨降る季節に』 岩間 光介
第7回 大賞 『幻の愛妻』 岩間 光介
区長賞(特別賞) 『休眠打破』 和喰 博司
第8回 大賞 『完璧なママ』 松田 幸緒
区長賞(特別賞) 『神隠しの町』 井上 博
審査員特別賞(特別賞) 『御用雪氷異聞』 吹雪 ゆう
第9回 大賞 『神隠し 異聞「王子路考」』 安堂 虎夫
浅見光彦賞(特別賞) 『話、聞きます』 門倉 暁
特別賞 『誕生』 島村 潤一郎
第10回 大賞 『凶音窟』 山下 歩
審査員特別賞(特別賞) 『とうとうたらり たらりら たらり』 滝川 野枝
区長賞 『花見の仇討』 宮田 隆
第11回 大賞 『最後のヘルパー』 高橋 正樹
区長賞(特別賞) 『ブラインド i ・諦めない気持ち』 米田 京
審査員特別賞(特別賞) 『チェイン』 伊東 雅之
第12回 大賞 『友情が見つからない』 立木 十八
区長賞(特別賞) 『ロスト・チルドレン』 加賀美 桃志郎
審査員特別賞(特別賞) 『サークル』 門倉 暁
第13回 大賞 『二番札』 南大沢 健
区長賞(特別賞) 『きつねのよめいり』 稲羽 白菟
第14回 大賞 『小さな木の実』 島村 潤一郎
区長賞(特別賞) 『未完の自分史 ―遺棄した死体はそのままで』 宮城 德子
審査員特別賞(特別賞) 『情報協力』 嶋守 恵之
第15回 大賞 『蜃気楼の如く』 的場 郁賢
区長賞(特別賞) 『赤羽猫の怪』 床品 美帆
審査員特別賞(特別賞) 『遠い約束』 野上 健司

受賞者の出版・活動状況はこちらをご覧ください。

 

 第15回

大賞:『蜃気楼の如く』 的場 郁賢
区長賞(特別賞):『赤羽猫の怪』 床品 美帆
審査員特別賞(特別賞):『遠い約束』 野上 健司

 山前譲さん(推理小説研究家)の講評

今回の最終候補作はいずれも、小説としてまず読み応えがあった。さらに、読後感の爽やかなものが多かったのも、選考を楽しいものにした。また、直接的に影響するものではないにしても、舞台としての北区にちゃんと必然性のある作品がいくつかあったのは、注目に値するだろう。そしてミステリーとしての完成度は……結果として、なかなか難しい選考会となった。

 『奈落の報復(ツケ)』

 特別な記憶能力をもつ主人公が、通っていた心療内科の医師と深い関係になっている。その医師が冬山で死んでから、衝撃の事実が明らかになっていくのだが、現代のミステリーらしい歪んだ心理がテーマである。だから主人公のキャラクターの描写にかなり筆を割いているけれど、それでも不自然さが残った。短編では描ききれない素材だったのではないか。ミステリーとしては、伏線が十分ではなく、アンフェアな描写が気になった。

 『蜃気楼の如く』

 一度きりしか使えない設定だが、まさに目から鱗の作品である。食品輸入会社がゆすられているが、犯人はなんと、現金の入ったバッグを、”丑田蓮夫賞”の授賞式が行われる、北とぴあのさくらホールの座席に置けと指示するのだ。授賞式の様子も現実がベースとなっているが、ちゃんと謎解きに関係してくる。偶然に頼ったところはあるものの、着想はやはり抜きん出ているだろう。ハートウォーミングな結末も相俟って、大賞に相応しいとの評価を得た。

 『遠い約束』

 大学時代の不可解な友人の自殺。二十年後にタイムカプセルを掘り出したことを切っ掛けに、その真相が解き明かされていく。タイムカプセルは目新しくないが、二転三転の謎解きは一番楽しめた。かつての友が集まってのノスタルジックな雰囲気も特徴となっている。一方、二十年後に開封されることの必然性や、都合の良すぎる設定が指摘された。したがって大賞には一歩届かなかったものの、特別賞・審査員特別賞として評価されるべき作品である。

 『赤羽猫の怪』

 赤羽の野良猫が「あかばねこ」と呼ばれて巷で話題になっている。その猫を大学生と女子高校生が追跡していくと、ことの発端はどうやら二十年前の写真展での事件……。アットホームな雰囲気には好感が持てるが、関係者があまりにも親切すぎて、いつの間にか解決されてしまうのは謎解きとして弱い。けれど、猫ブームを反映したタイムリーな作品であり、赤羽を中心として北区の雰囲気がよくとらえられているので、特別賞・区長賞となった。

 『報復の行方』

 主人公は高校の教頭で、睡眠薬を飲んで救急車騒ぎとなった我が子との葛藤や、高校時代からの友人との軋轢が、抒情豊かな文章で綴られていく。作者の日頃の思いが込められているようでメッセージは伝わってくる。だが、やや盛り込みすぎであり、人間関係に説得力を欠く。ミステリーとしては謎の提示が遅く、しかもすぐ解かれてしまうので物足りない。真相も新鮮味がなく、疑問も幾つか指摘された。希望を託したラストは印象的なのだが。

(「月刊ジェイ・ノベル 2017年4月号」(実業之日本社)より抜粋)

このページの先頭に戻る

 第14回

大賞:『小さな木の実』 島村 潤一郎
区長賞(特別賞):『未完の自分史―遺棄した死体はそのままで』 宮城 德子
審査員特別賞(特別賞):『情報協力』 嶋守 恵之

山前譲さん(推理小説研究家)の講評

今回の最終候補は五作だが、そのうち四作の作者は、これまでに本賞で、受賞歴や応募歴がある方だった。短編ミステリーの発表の場として、期待されていることの証左だろう。そして、五作それぞれ、作者の創作の方向性が感じられる個性豊かな物語で、選考には大変苦労した。だが一方で、見過ごしがたい矛盾点があったり、作者の思いが過剰になっていたりもしていた。より読者を意識した小説作法を期待したいところである。

 『情報協力』

 イスラム過激派組織の策略に、旧知の警察官僚の手を借りて立ち向かう外務省職員……本賞ではかつてないタイプの作品で、海外にまで舞台が広がるダイナミックな物語は新鮮だった。だが、これはやはり長編のテーマだろう。短編に収めるための都合のいい展開が気になった。民間人を囮に使うのもちょっと無謀である。とはいえ、そのチャレンジ精神は評価すべきという意見が多く、特別賞・審査員特別賞となった。

 『猿小僧の顔』

 傷つけられた浮世絵の版木の謎を、現代から筆を起こし、虚実ない交ぜのストーリーとしてうまくまとめている。けれどミステリーとしては、その傷を謎の盗賊・猿小僧の正体に結びつける根拠が薄い。また、浮世絵の知識も十全に読者に伝わっているとは言いがたい。プロローグとなる現代の場面は、長すぎるという意見が多かった。エピローグを設けてうまく収束できたなら、もっと評価されたのではないだろうか。

 『小さな木の実』

 ミステリーとしての趣向は暗号で、子供たちと一緒に取り組む父親の遺産探しは、失職中で離婚の危機も迫っている主人公の屈折した心理と絡んで、最後まで興味をそそる。どんでん返しも仕込んだハートウォーミングな真相は、読後感がじつに爽やかである。文章の安定感は一番で、各選考委員の最も高い評価を得て、大賞の受賞はすんなり決まった。ただ、ラストを感動的にする趣向に若干の疑問点のあったことは記しておく。

 『未完の自分史-遺棄した死体はそのままで』

 物語の迫力という意味では、一番の力作である。上中里在住の伯母が突然死んでしまう。その遺品を整理すると、驚くべき手記が残されていた……。図らずも手を染めてしまった犯罪や主人公の出生の秘密など、ミステリアスではあるが、偶然が多く、ミステリーとしての趣向はあまりない。それでも、アイデンティティを求める主人公の葛藤が、しっとりとした独自の情感を醸し出していて、特別賞・区長賞となった。

 『手妻師善七からくり噺・天保小袖判じ模様』

 小気味いい夫婦の会話など、江戸の庶民の生活感がよく出ている。ただ、意外な犯人を演出するためとはいえ、目撃証言を鵜吞みにしてしまうなど、初動捜査がずさんである。人物錯誤のトリックも分かりにくかった。拷問的な取調べで自白をしたあと、母親の訴えで再捜査されるのは、ドラマチックではあってもいささか理不尽である。手妻遣いの下っ引きという主人公のキャラクターも、十分には生かされていなかった。

(「月刊ジェイ・ノベル 2016年4月号」(実業之日本社)より抜粋)

このページの先頭に戻る

 第13回

大賞:『二番札』 南大沢 健
区長賞(特別賞):『きつねのよめいり』 稲羽 白菟

 内田康夫さんの講評

  過去十二回、これほど読み手を惑わし、悩ませた最終選考は記憶にない。一作品の評価が、すべての賞のありようを定めることになる。慎重に二度、三度と作品を読み返し、最初に感じた印象が正しいのかどうかの検討に時間を割いた。圧倒的な秀作がなかった分、どの作品にも可能性を感じた。

 『きつねのよめいり』

地元北区の風物をたっぷり盛り込んだ作品だけに、好感を抱きたいところだが、むしろ作者はそこにこだわりすぎたきらいがある。旧古河庭園での結婚式をPRするのはいいけれど、肝心のストーリーの方は大雑把で緻密さに欠ける。ヒロイン高橋の活躍は魅力的だが、推理がひどく天才的なひらめきを見せたりするのには、首をかしげざるを得ない。とはいえ、北区を題材にした部分は他を圧しているので、区長賞に値する。

 『二番札』

この作品で興味を惹かれたのは、入札というシステムがどのように行われるのか――という部分。企画部長、財務部長、総務部長等々、入札業務に関わる人々の動きが面白く読めた。しかし行政が主催している文学賞に、公務員が罪を犯す作品で挑むとは、なかなかの度胸であり、案の定、区の職員からは、あまり現実的な話ではないとの指摘もあった。それでも、最終候補五作品の中で、完成度からいって最も安定しており、区長を始め選考委員諸氏もあくまでフィクションとして読めば、うまくまとまっており面白く読めた――と度量の大きさを見せ、大賞授賞となった。

(「月刊ジェイ・ノベル 2015年4月号」(実業之日本社)より抜粋)

このページの先頭に戻る

第12回

大賞:『友情が見つからない』 立木 十八
区長賞(特別賞):『ロスト・チルドレン』 加賀美 桃志郎
審査員特別賞(特別賞):『サークル』 門倉 暁

内田康夫さんの講評

 第十二回を数えて、バラエティに富んだ作品に恵まれたという点では今回が最高といっていい。ただし特色がそのまま飛び抜けた秀作に繋がるとは限らないのが難しいところ。文章力は当然として、ストーリーの展開の方法など、いま一歩という観のある作品が少なくなかった。ともあれ、思いがけないテーマが出現すると、読む側としては楽しい。まずは何を書くかが最大の決め手になると、あらためて認識した。

『サークル』
この作者は第九回に『話、聞きます』という作品で特別賞を受賞している。「傾聴ボランティア」が得意分野なのか、今回もその世界をモチーフにして書いた。それだけに手慣れた感があり、安心して読めた。文章のリズム感やテンポがいい。失業した夫が主人公で、その事実を知らない妻は傾聴ボランティアをしながら合唱サークルに入っている。そのサークルでは、早死にする亭主が続出していた。保険金目当ての偽装殺人を企んでいるのでは、と夫は妻に疑惑を抱き、不安に怯える。新味はないが、まずまず纏まってはいる。

『ロスト・チルドレン』
バツイチ、子持ちの四十代のOL・坂下順子は酒類輸入商社の中堅社員。輸入した商品を託してある倉庫会社から、コンテナにマイマイ蛾の幼虫が大量発生したというクレームが飛び込む。事と次第では巨額の賠償問題に発展しかねない。順子は社長命令で事態収拾に向かい、孤軍奮闘、真相を解明する。話のスケールとしては物足りないし、ミステリー度にも欠けるが、順子や社長、それ以外の登場人物が面白い。

『友情が見つからない』
小学五年生の「山田孝紀」が主人公。人気ゲームカセットを持っていた孝紀は、友人から貸して欲しいとせがまれていたが、そのカセットが教室の孝紀の机から突然なくなる。犯人探しが始まり、疑いが同級生のユウスケにかかる。そこへマコトという謎の少年が現れ、ユウスケのために真相を究明すると言う。マコトの推理の前に「山田孝紀」は追い詰められる。子供らしい他愛のない話なのだが、喋る言葉は大人並。この辺りの違和感に目をつぶれば、爽やかなミステリーと評価できる。

(「月刊ジェイ・ノベル 2014年4月号」(実業之日本社)より抜粋)

このページの先頭に戻る

第11回

大賞:『最後のヘルパー』 高橋 正樹
区長賞(特別賞):『ブラインド i ・諦めない気持ち』 米田 京
審査員特別賞(特別賞):『チェイン』 伊東 雅之

内田康夫さんの講評

 第十一回を迎えた本賞は新しい出発点を思わせる多くの佳作に恵まれた。最終選考にノミネートされた六作品は、過去十回のいずれよりも粒揃いと言ってよく、選考委員を楽しませてくれた。

『チェイン』
大学進学の推薦制をめぐる教師同士の軋轢を描く。学校からの推薦枠は一人。教師の「僕」は評定表を盗み見て、担任するクラスの少女の有利を確信するのだが、評定表は改ざんされてしまう。その背景には過去にあった複数の悲劇の連環がある。この連環が『チェイン』。短編としては難しい内容だが、丁寧に書けている。やや作為が目につくものの、好感の持てる作品だ。

『ブラインドi・諦めない気持ち』
主人公・川田勇は交通事故が原因で視覚障害になり、アパートで独り暮らしをする男性。この人物の造形が非常によかった。作者自身が視覚障害を持つ人だが、それにしても川田の心象風景がよく描けている。視覚を欠くハンディキャップを聴覚と嗅覚で補って、鮮やかな推理を駆使する。周辺の登場人物の描写も過不足なく、つらい話だが楽しく読めた。

『最後のヘルパー』
刑務所を出た川勝は内縁の妻と娘に去られ、所持金も底をつき、絶望的な状況で盗みを働こうとする。とあるアパートに侵入し、そこで寝たきりの老女と出会い、介護ヘルパーと間違われたのを幸い、ヘルパーを偽装する。老女や大家その他、川勝を含めた善意の人々のてんやわんやの物語といった趣で、ミステリー性は希薄だが、文章力、とりわけ人物描写がよく、ほのぼのとした読後感に感服して大賞に推した。

このページの先頭に戻る

第10回

大賞:『凶音窟』 山下 歩
審査員特別賞(特別賞):『とうとうたらり たらりら たらり』 滝川 野枝
区長賞:『花見の仇討』 宮田 隆)

内田康夫さんの講評

第10回という節目の年を迎え、応募総数は過去最高を更新して293編に上りました。 全体的に見て、ずば抜けた優秀作に乏しかった憾みはありますが、その中で、最終選考に残った五作品はそれぞれ水準以上の評価を得ました。

『花見の仇討』は明治維新直後の王子が舞台で、飛鳥山の花見、王子製紙の建設、渋沢栄一の登場など、北区主催の賞にふさわしい道具立てが揃いました。じつによく当時の事情を調べているのですが、いささか文章が粗いのが難点。ともあれ、区長賞には相応しい。

『とうとうたらり たらりら たらり』は今回随一の力作と言えます。能役者が江戸で罪を犯し島流しになる――という筋立てが出色。テンポもあって、個々の場面々々は面白いのですが、人物の造形が粗雑。難しい作品ですが、審査員特別賞に決まりました。

『凶音窟』は気負いのない好感の持てる文章で、すべての作品の中で最も読み易かったです。亭主の浮気、離婚騒動など、どこにでもある話を丁寧に描いている。ただし、ホームドラマならともかく、ミステリーとしての評価となると問題で、かなり手を入れる必要がありそうですが、審査員全員の意見が一致して大賞授賞が決まりました。

このページの先頭に戻る

第9回

大賞:『神隠し 異聞「王子路考」』 安堂 虎夫
浅見光彦賞(特別賞):『話、聞きます』 門倉 暁
特別賞:『誕生』 島村 潤一郎(応募時 津島怜)

内田康夫さんの講評

第9回に寄せられた応募作は過去最高だった昨年をさらに上回る、283点。第一次、第二次審査での採点のばらつきにその拮抗ぶりを見ることができます。 最終選考にノミネートされた五作品はその中でも群を抜いており、まずは妥当な結果だと言えるでしょう。

特別賞の『誕生』は、傑出して爽やかな物語です。しかし、いかにも善人ばかりがタイミングよく出てくるのがご都合主義的で、ミステリーとしては甘さが指摘されるでしょう。

浅見光彦賞の『話、聞きます』は、途中までは快調に読ませたのですが、ラストのドタバタで興を削がれました。話全体を認知症の人の「話」としてオチにすれば、成功するかもしれません。

大賞の『神隠し 異聞「王子路考」』はよく練り上げられていました。文章も物語の展開もまずまず。現在の北区周辺が江戸期はどうだったかを丹念に取材して、みごとに再現しています。 読売(瓦版)作者を主人公にした人物配置も申し分ありません。大賞に価する佳作だと思います。

このページの先頭に戻る

第8回

大賞:『完璧なママ』 松田 幸緒
区長賞(特別賞):『神隠しの町』 井上 博
審査員特別賞(特別賞):『御用雪氷異聞』 吹雪 ゆう

内田康夫さんの講評

第8回を迎えて応募総数は過去最高の268作品を数えました。しかし、作品のレベルはというと必ずしも満足できるものばかりではありませんでした。最終選考に残った5作品についても、傑出したものはなく、その意味で選考は難しいものとなりました。

審査員特別賞の『御用雪氷異聞』は、加賀から江戸の将軍へ雪氷を届けるという、史実に則った作品で、まず題材が面白い。加賀からでは途中で氷が溶けてしまうので、加賀前田家の支藩がある上州から届けるカラクリにからむ話。

区長賞の『神隠しの町』は、221世帯、約500人の住人が一夜にして消えてしまう―というミステリーで、よくある話ですが興味をそそられます。いったいどうやって?なぜ― 簡単に言うと、目的は人探しで町の住人を丸ごと消してしまったという話。

大賞の『完璧なママ』は、好感が持てる作品ということで、審査員の多くに異論がありませんでした。完全犯罪を目指した作品としては、少なからず問題点もありましたが、文体は明るく、語り口も爽やか。本来ならつらい話になるところですが読後感は悪くありませんでした。

このページの先頭に戻る

 第7回

大賞:『幻の愛妻』 岩間 光介
区長賞(特別賞):『休眠打破』 和喰 博司

内田康夫さんの講評

今回の応募総数は262作に上り、本賞の位置が定まってきた感があります。作品のレベルも全体に高まって、最終選考に残った作品は優劣つけ難く、選考会は大いに盛り上がりました。

区長賞の『休眠打破』は、気象がらみのテーマで登場した実力者。「気象ミステリー」といったジャンルで書けば、成功するかもしれません。桜の開花日がテーマで、明日は開花か―と期待した桜の枝が折り取られてしまって、日本一の座を他県に奪われるという話。

大賞の『幻の愛妻』は、男の友情を描いた、おとなの童話風ミステリーです。古いバーの雰囲気や人情味あるほろ苦い過ちなどを、さり気ない筆致で書き、好感が持てます。これは何だろう?と思わせる謎が連続して、最後まで楽しむことができました。

このページの先頭に戻る

第6回

大賞:『金鶏郷に死出虫は嗤う』 やまき 美里
区長賞(特別賞):『若木春照の悩み~ゲーテの小径殺人事件~』 小堺 美夏子
浅見光彦賞(特別賞):『雨降る季節に』 岩間 光介

内田康夫さんの講評

第6回の今回も、189編というかなりの数の応募があって、しかも、北区内や東京だけではなく、海外も含めた遠方からの応募も多く、いよいよこの賞も日本中に知れ渡って来たなという思いを強くしました。特に最終選考に残った7編は、すべて北区外からの応募者の作品となりました。

大賞の『金鶏郷に死出虫は嗤う』は、環境問題や犬の繁殖・飼育業といった今日的な話題をうまく取り入れた作品で、アピール度のある面白いものです。

浅見光彦賞の『雨降る季節に』、区長賞の『若木春照の悩み』を含めた受賞3作品は、どれも今すぐに雑誌に掲載されてもおかしくないくらいで、良い作品が出揃いました。

このページの先頭に戻る

第5回

大賞:『天狗のいたずら』 田端 六六
区長賞(特別賞):『あるアーティストの死』 櫻田 しのぶ
浅見光彦賞(特別賞):『市役所のテーミス』 古澤 健太郎

内田康夫さんの講評

ミステリー文学賞も第5回を迎え、これまでにも増して粒ぞろいのレベルの高い作品が集まり、特に最終選考に残った作品は甲乙つけがたい作品ばかりでした。

人物描写もしっかりされており、重厚な内容をテンポ良く読ませるとても良い作品でした。どなたも作品を読まれれば順当と思っていただけるのではないかと思います。

このページの先頭に戻る

第4回

大賞:『師団坂・六〇』 井水 伶
区長賞(特別賞):『志乃の桜』 高田 郁
浅見光彦賞(特別賞):『オルゴールメリーの残像』 井上 凛

内田康夫さんの講評

今回最終選考に残った6作品はいずれもレベルが高く、それぞれ面白く読ませてもらいました。北区を舞台にした作品が多かったのですが、必ずしも北区という冠にこだわる必要はないとはいえ、地元のローカル色を出してもらうのは、主催者側としてはありがたいことです。

大賞の『師団坂・六〇』は、毒殺された老人の傍らに、草餅が落ちていたところから物語が始まります。草餅を買った老婦人の行方を和菓子屋の息子が追いかけ、謎を解く、よみごたえ十分の秀作です。区長賞の『志乃の桜』は、文章力も構成力もある完成度の高い作品です。浅見光彦賞の『オルゴールメリーの残像』は、ミステリー度という点では最も充実しています。3作品ともそれぞれ傾向が異なりますが、実力的には拮抗していて、一般読者の鑑賞にたえる作品だと思います。

このページの先頭に戻る

第3回

大賞:『ドリーム・アレイの錬金術師』 山下 欣宏
区長賞:『祐花とじゃじゃまるの夏』 蒲原 文郎
審査員特別賞:『十六夜華泥棒(いざよいはなどろぼう)』 山内 美樹子

内田康夫さんの講評

この文学賞への応募数は、1回目が187、2回目が150、そして今回210作品と大幅に増えてたいへん喜ばしく思っています。第1次選考で20作品が残り、第2次選考で9作品になりました。作品も年ごとにレベルアップし、最終選考対象9作品中、どれを落とすかでとても苦労しました。

大賞の『ドリーム・アレイの錬金術師』は、ミステリーには珍しく登場人物すべてが善人という、ほのぼのとした気分の良い物語です。区長賞の『祐花とじゃじゃまるの夏』は、ラストはほろりと悲しいお話に仕立てられています。この2作品とも読後感が非常に良かったです。審査員特別賞の『十六夜華泥棒』は、江戸情緒がよく描かれた作品です。実在と虚構を織り交ぜた作品で面白かったです。

このページの先頭に戻る

 第2回

大賞:『夢見の噺』 清水 雅世
区長賞:『江戸切絵図の記憶』 跡部 蛮
区民賞:『朝の幽霊』 永沢 透

内田康夫さんの講評

各地で文学賞があるなかで、今回、150もの応募がありびっくりしています。第一次審査で18点が残り、第二次審査で9点になりました。今回は前回にも増して非常な接戦で、どの作品も捨てがたいものがありました。

大賞の『夢見の噺』は、落語の世界を舞台にした怖くない幽霊話。現代物ですが江戸情緒を思わせる心温まる作品で、語り口よくまとめています。区長賞の『江戸切絵図の記憶』は、北区が出てくるので、地元の人が喜びそうな作品。主人公が熱意をもって男の身元探しにあたるのがとてもおもしろかったです。区民賞の『朝の幽霊』は、舞台がほとんどオフィスの中だけという珍しい作品。さわやかな読後感に仕立ててあります。

このページの先頭に戻る

第1回

大賞:『黒い服の未亡人』 汐見 薫
区長賞:『冬霞(ふゆがすみ)』 福岡 青河
佳作:『星降夜(ほしふるよる)』 田中 昭雄

内田康夫さんの講評

予測していたよりはるかに多い応募数に驚いています。最終選考では、どれも甲乙つけがたく、とても迷いましたが、3作品に決定しました。

大賞は、暗い結末になったかもしれない作品でしたが、たいへんうまくまとめていて好感を持ちました。北区にふさわしく、読後感がさわやかで、質の高い作品ではないでしょうか。

区長賞の作品は、幕末の王子・飛鳥山など、よく調べて書いてあります。

佳作の作品は、しっかりした魅力的な作品で、ミステリーとして楽しく読めました。

作品を応募した方でも、北区がどこにあるのかわからなかったと言う方もいたようです。この賞をとおして、北区の存在が全国に知れ渡り、目的が達成されたのではないでしょうか。

このページの先頭に戻る

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(イメージ戦略・シティプロモーション担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102