ホーム > 暮らし > 保険・年金 > 後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療保険料の算定誤りに関するお詫び

ここから本文です。

掲載開始日:2020年10月8日

最終更新日:2020年10月8日

後期高齢者医療保険料の算定誤りに関するお詫び

 平成29年度税制改正による上場株式等の譲渡損失にかかる損益通算の扱いについて、保険者である東京都後期高齢者医療広域連合へ提供する損失額情報が正しく情報連携できなかったため、本来納付すべき金額と異なる保険料が算定されてしまいました。
 対象となる被保険者の皆さま及び関係各位には、心からお詫びするとともに、今後は再発防止を図り、適正な保険料算定に努めてまいります。

1 算定誤りの内容

(1)該当者数 262人
(2)対象額  11,092,600円

2 今後の対応

 該当する被保険者の方へ文書による通知書を発送します。

 

不審な電話等にご注意ください

  • 今回の算定誤りに関する保険料の還付等については、必ず文書で行います。
  • 区役所の職員が口座番号や暗証番号を電話でおたずねしたり、通帳や印鑑、キャッシュカードをお預かりすることは絶対にありません。また、現金のやり取りや、ATMの操作をお願いすることも一切ありません。
  • 不審な電話や訪問等にはくれぐれもご注意ください。

 不審な電話や訪問があった場合は、下記にお問い合わせいただくか、110番通報をしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部国保年金課高齢医療係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階21番

電話番号:03-3908-9069