ここから本文です。

掲載開始日:2018年2月14日

最終更新日:2018年3月2日

通知カードの再交付

・通知カードの再交付をご申請いただくと区民事務所で受付した後、地方公共団体情報システム機構より、概ね2~3週間後に転送不要の簡易書留で郵送されます。

・通知カードの再交付を申請せずに、マイナンバーカードの申請を行うこともできます。

次の事由に該当される方は通知カードの再交付の申請ができます

・通知カードを紛失、焼失、又は著しく損傷した方(有料)
※通知カードを紛失された場合は、警察署への遺失届の受理番号が必要になります。また焼失された場合は、消防署等で発行される、り災証明等が必要になります。
※ご自宅等で通知カードを紛失された場合は遺失届は必要ありませんが、紛失された経緯を申請書にご記入いただきます。

・通知カードを受け取らないまま区役所での保管期間を経過した方(有料)

・通知カードの追記欄の余白がなくなってしまった方(無料)
※ご希望される場合は再交付の手続きをとらず、満欄になった裏面の追記欄にシールを貼付し、区民事務所で公印を押印したうえで、お使いいただくこともできます。

・海外転出に伴い通知カードを返納した後に、海外転入で北区に住民登録をされた方(無料)

手続きに必要なもの

本人が手続きする場合

※15歳未満の方は本人による申請はできません。法定代理人(親権者)による申請が必要となります。
※15歳以上20歳未満の方は親権者による申請、または本人による申請が可能です。

・本人確認書類
・下記の場合には1.~3.のいずれか
(自宅で紛失した場合、海外からの再転入で通知カードまたはマイナンバーカードを返納した場合は不要です。)

1.自宅外で紛失、または盗難にあった場合は警察署への遺失届、または盗難届の受理番号の控え
2.火災で焼失した場合は消防署または市町村の発行する罹災証明書
3.追記欄の余白がなくなったことによる再交付申請の場合は該当の通知カード

法定代理人(親権者・成年後見人等)が手続する場合

・戸籍謄本その他その資格を証明する書類(発行から3か月以内のもの)
(15歳未満の方が本人である場合で本人と法定代理人が同一世帯であり、住民票から親子関係が確認できる場合は書類の提示を省略できます。)
・代理人の本人確認書類
・再交付する本人の本人確認書類
・下記の場合には1.~3.のいずれか
(自宅で紛失した場合、海外からの再転入で通知カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)を返納した場合は不要です。)
1.自宅外で紛失、または盗難にあった場合は警察署への遺失届、または盗難届の受理番号の控え
2.火災で焼失した場合は消防署または市町村の発行する罹災証明書
3.追記欄の余白がなくなったことによる再交付申請の場合は該当の通知カード

法定代理人以外の代理人が手続する場合

・通知カード再交付申請委任状(紛失による手続の場合は、委任内容にその旨の記載も必要になります。)
・委任した本人の本人確認書類
・代理人の本人確認書類
・下記の場合には1.~3.のいずれか
(自宅で紛失した場合、海外からの再転入で通知カードまたはマイナンバーカードを返納した場合は不要です。)
1.自宅外で紛失、または盗難にあった場合は警察署への遺失届、または盗難届の受理番号の控え
2.火災で焼失した場合は消防署または市町村の発行する罹災証明書
3.追記欄の余白がなくなったことによる再交付申請の場合は該当の通知カード

再交付手数料

1件につき500円(有料になる場合)

本人確認書類について

1.有効期限内の個人番号カード、有効期限内の住民基本台帳カード(写真付きのものに限る。)、旅券、運転免許証、運転経歴証明書(平成24年4月1日以後に交付されたものに限る。)、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、在留カード、特別永住者証明書等いずれか1点

2.上記1.のものをお持ちでない場合、健康保険の被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書、生活保護受給者証、特別児童扶養手当証書等いずれか2点

申請場所及び受付時間

区民事務所(王子・赤羽・滝野川)
月曜から金曜日(祝日・年末年始を除く)午前8時30分から午後5時

添付ファイル

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部戸籍住民課

王子区民事務所  電話:03-3908-8745
赤羽区民事務所  電話:03-5948-9541
滝野川区民事務所 電話:03-3910-0141