ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害のある方 > 児童発達支援等の利用者負担の改正について

ここから本文です。

掲載開始日:2019年9月11日

最終更新日:2019年9月11日

児童発達支援等の利用者負担の改正について

児童発達支援等の利用者負担の改正について

就学前の障害児等を支援するため、令和元年10月1日から、3歳から5歳までの就学前の子どもの下記のサービスの利用者負担が無償化されます。

児童発達支援等の利用者負担の改正のご案内(PDF:230KB)

無償化対象のサービス

・児童発達支援      ・福祉型障害児入所施設
・医療型児童発達支援   ・医療型障害児入所施設
・居宅訪問型児童発達支援 ・保育所等訪問支援
*利用者負担以外の費用(医療費や、食費等の現在実費で負担しているもの)は引き続きお支払いいただくことになります。

対象となる子ども

無償化の期間は満3歳になって初めての4月1日から3年間です。

手続き

無償化にあたり、手続きの必要はございません。
*ご利用の障害児サービス事業所との間で、年齢を伝えるなどして無償化対象であることを事前にご確認ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害福祉課王子障害相談係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎1階1番

電話番号:03-3908-1358

所属課室:健康福祉部障害福祉課赤羽障害相談係

東京都北区赤羽南1-13-1赤羽会館6階

電話番号:03-3903-4161

滝野川地域障害者相談支援センター
東京都北区西ヶ原4-51-1
電話番号:03-4334-6548