ここから本文です。

「住んでよかった」と思える街、北区 北区の魅力 再発見

最終更新日:2016年9月5日

公園

北区には、約600本の桜が区の象徴となっている飛鳥山公園、長さ52mのローラー式すべり台が人気の清水坂公園、「自然とのふれあい」がテーマとなっている赤羽自然観察公園など四季折々の特色を楽しめる公園をはじめ、つり掘や滝が園内にあるユニークな公園など、大人から子供まですべての世代が楽しめる公園がたくさんあります。ここでは、その一部をご紹介します。

飛鳥山公園

飛鳥山公園-3徳川八代将軍吉宗が享保の改革のひとつとして、江戸庶民の行楽地とするために桜を植樹して開放したのが、飛鳥山公園のはじまりです。園内には東京都指定文化財の「飛鳥山の碑」や、幕末の洋学者・佐久間象山の「桜賦の碑」などがあります。

また、子どもに人気のある噴水や、お城をイメージして造られた大型遊具をはじめ、D51形蒸気機関車、都電荒川線など引退した本物の車両も展示されており、多くの世代から憩いの場として親しまれています。

住所 北区王子1-1-3
アクセス

JR王子駅(中央口、南口):徒歩1分

都電荒川線飛鳥山駅:徒歩1分

施設案内 飛鳥山公園

飛鳥山公園ギャラリー

飛鳥山公園-1

遊歩道

飛鳥山公園-11

お城をイメージした遊具

飛鳥山公園-4

D51形蒸気機関車

飛鳥山公園-10

雪化粧の飛鳥山公園

飛鳥山公園-2

広場

飛鳥山公園-6

都電荒川線

飛鳥山公園-8

噴水で遊ぶ子ども

飛鳥山公園の桜の写真は、「桜の名所」で紹介しております。

ページの先頭へ戻る

名主の滝公園

名主の滝公園-1

名主の滝公園は、王子村の名主がその屋敷内に滝を開き、一般客が利用できる避暑の施設としたことにはじまります。

園内には茶室やあずまやがあり、桜や紅葉、野鳥の観察など、四季折々の自然が楽しめます。

住所 北区岸町1-15-25
開園時間

9時00分~17時00分

(7月15日~9月15日は9時00分~18時00分まで)

入園は閉園の30分前まで

アクセス

JR王子駅(北口):徒歩10分

東京メトロ南北線王子駅:徒歩10分

施設案内 名主の滝公園

名主の滝公園ギャラリー

名主の滝公園-3

公園内の滝(男滝)

名主の滝公園-5

園内の池と桜

名主の滝公園-6

公園入口

ページの先頭へ戻る

浮間つり掘公園

浮間つり堀公園-1

園内には、つり池やザリガニ池があり、真ブナ・和金などの魚やザリガニがいます。また、お花畑・ショウブ畑・水田があり、緑豊かな公園の中でのんびりと釣り糸を垂らすことができます。7~10月にはザリガニ釣りもできます。

住所 北区浮間5-4-19
開園時間

9時00分~17時00分(7~8月は8時30分~18時00分まで)

釣りは閉園の1時間前まで

アクセス JR浮間舟渡駅:徒歩13分
施設案内 浮間つり掘公園

浮間つり堀公園-2

ページの先頭へ戻る

清水坂公園

清水坂公園-1清水坂公園は、北区を南北に走る武蔵野台地の崖地を利用した立体的で変化に富んだ公園です。山間の渓流をイメージした「流れ」は、全長150m、高低差10m、7ヵ所の出口からは毎分約5トンの水を放流しています。

このほかにも、長さ52mのローラー式すべり台は、緑の中をすべり抜けていくようなダイナミックなすべり台で子どもからも大人気です。

また、園内の「自然ふれあい情報館」では、北区で見られる昆虫、植物、魚類などを展示・飼育しており、併設している自然園にはとんぼ池や田んぼもあります。

住所 北区十条仲原4-2-1
アクセス JR東十条駅北口:徒歩8分
施設案内 清水坂公園

清水坂公園ギャラリー

清水坂公園-3

園内の広場

清水坂公園-4

蛙橋

ページの先頭へ戻る

音無親水公園

音無親水公園-1かつて王子付近を流れる石神井川は「音無川」と呼ばれる景勝地でした。護岸工事で様相が一変しましたが、昭和63年には水遊びができる公園として生まれ変わりました。

春には桜、秋には紅葉など四季の風情が楽しめます。日本都市公園百選にも選ばれています。

住所 北区王子本町1-1-1先
開園時間 9時00分~16時00分(水施設部分のみ)
アクセス

JR王子駅北口:徒歩1分

東京メトロ南北線王子駅:徒歩1分

施設案内 音無親水公園

音無親水公園ギャラリー

音無親水公園-4

満開の桜

音無親水公園-2

新緑

音無親水公園-6

夜桜

音無親水公園-7

紅葉

音無親水公園の桜の写真は、「桜の名所」で紹介しています。

ページの先頭へ戻る

赤羽自然観察公園

赤羽自然観察公園-1赤羽自然観察公園は、谷状の地形をしており、湧水が存在する公園です。この湧水の保全・活用をするため「自然とのふれあい」をテーマにしてつくられた公園です。この地域に本来生息する植物、もしくは生息していた植物を植栽し、長期的に自然の回復を図っています。

また、園内には「多目的広場」や「バーベキューサイト(予約制)」も整備されており、自然とふれあいながら楽しめる公園です。

住所 北区赤羽西5-2-34
開園時間

4月~9月:8時~18時

10月~3月:8時~16時

アクセス

JR赤羽駅西口:徒歩15分

都営三田線本蓮沼駅:徒歩13分

施設案内 赤羽自然観察公園

赤羽自然観察公園ギャラリー

赤羽自然観察公園-4

遊歩道

赤羽自然観察公園-5

園内には湧水も

ページの先頭へ戻る

滝野川公園

滝野川公園-1花や実のなる木を中心に植えられた豊富な緑と大きな滝のある池や川が、心休まる潤いの景観を楽しむことができます。

また、隣接している北区防災センターの「地震の科学館」では、地震体験や煙の体験、初期消火体験などができます。

住所 北区西ケ原2-1-8
アクセス

JR上中里駅:徒歩5分

東京メトロ南北線西ケ原駅:徒歩3分

施設案内 滝野川公園

滝野川公園ギャラリー

滝野川公園-2

水辺で遊ぶ子ども

滝野川公園-3

遊具

滝野川公園-4

銀杏の紅葉

ページの先頭へ戻る

都立浮間公園

浮間公園-1浮間公園は面積の約40%を浮間ヶ池が占めています。公園では、釣りもでき、小さなお子様連れでも気軽に楽しむことができます。湖畔には公園のシンボルとして設置された風車があり、春には桜、カキツバタ、つつじが咲き、梅雨時には美しい紫陽花、秋にはケヤキの紅葉など、四季折々の風景を見ることができます。

また、初冬からはカモなどの渡り鳥が多く集まるほか、公園北側は保護区となっていてオオヨシキリやコジュケイ、ウグイスなど、街中ではあまり見ることのできない小鳥の鳴き声を聞くこともできます。

住所 北区浮間2、板橋区舟渡2
アクセス JR浮間舟渡駅:徒歩1分
施設案内 都立浮間公園

浮間公園ギャラリー

浮間公園-2

浮間ヶ池の湖畔

浮間公園-5

毎年4月に行われる浮間さくら草祭り

浮間公園-3

遊歩道

浮間公園-4

浮間ヶ池の紅葉

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

所属課室:政策経営部広報課(イメージ戦略・シティプロモーション担当)

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階1番

電話番号:03-3908-1102