ホーム > 北区産業活性化ビジョン2018(素案)

ここから本文です。

掲載開始日:2017年12月11日

最終更新日:2018年1月16日

北区産業活性化ビジョン2018(素案)

平成29年12月11日から平成30年1月15日までパブリックコメントを実施しました。

現在意見集約中です

北区産業活性化ビジョン2018(素案)の本文は、添付ファイルよりダウンロードしてください。

ビジョンの目的

 社会・経済状況の変化と課題に迅速に対応し、北区産業のさらなる活性化に向け策定します。

計画期間

 平成30年度から概ね10年間

ビジョンの概要

 北区産業の将来像

 多様な人材が集まり育ち、さらなる価値と魅力を創出する挑戦都市 東京北区

 北区では約34万の区民が生活を営み、約1万3千5百の事業所があります。

 北区は、区内で活動するすべての人たちと共に、北区産業のさらなる発展を目指し、挑戦を続けます。

基本理念

 共奏

 本ビジョンでは、事業者・区民・区がつながり波及し、活力ある産業地域を形成し、北区産業のさらなる発展を図っていきたいとの願いから、基本理念を「共奏」としました。「共奏」は造語で、事業者・区民・区がつながり、それぞれが持てる力を十分に発揮し、互いに作用し合うことで、意欲ある取組みを展開していくことを表現しています。

3つの戦略

北区産業の将来像、基本理念の実現を目指し、次の3つの戦略に基づき、全ての業種を対象にして今後の産業振興施策を展開していきます。

戦略1 将来を担う「人材と企業」の育成

戦略2 イノベーションを促す「交流と連携」の推進

戦略3 魅力ある「産業ブランド」の確立

 


分野別重点施策方針

 北区産業の将来像を実現するためには、基本理念と3つの戦略に基づき、効果的な産業振興施策を展開する必要があります。「商業・サービス業」、「工業」、「創業」の分野ごとに、目指すべき姿や重点的に取り組む施策を設定し、計画的に施策を推進します。

商業・サービス業

  • 目指すべき姿 

 「個店の魅力づくりから地域に不可欠な商店街へ」

工業

  • 目指すべき姿

 「人と人 企業と企業がつながり新たな展開に挑戦するものづくりへ」

創業

  • 目指すべき姿 

 「東京北区を創業であふれるまちに」

 

意見募集期間

平成29年12月11日(月曜)から平成30年1月15日(月曜)まで

添付ファイル  

北区産業活性化ビジョン2018(素案)(PDF:3,086KB)


 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:地域振興部産業振興課産業振興係

東京都北区王子1-11-1(北とぴあ11階)

電話番号:03-5390-1234