ホーム > 健康・医療・福祉 > 衛生 > 環境衛生 > 理容所・美容所

ここから本文です。

掲載開始日:2015年8月14日

最終更新日:2019年7月25日

理容所・美容所

開設の手続き

新規開設、名義変更、大規模な構造設備の変更・増改築等、移設の際は、開設の手続きが必要になります。
構造設備、その他についてあらかじめご相談ください。図面がありましたら、一緒にお持ちください。
構造設備の基準については「理容所・美容所の手引き」を参照ください。開設届は窓口にてお渡ししております。

参考

変更の手続き

変更届

開設後、次のような変更が生じた場合、すみやかに保健所へ届け出てください。

  • 理容所・美容所の名称(屋号)を変更したとき
  • 開設者の住所が変わったとき
  • 開設者が改姓、改名されたとき
  • 開設者が法人で、その事務所所在地、法人の名称、代表者を変更したとき
  • 所在地の住所・地番が変更されたとき
  • 施設の小規模な増改築改装、椅子の台数・作業室面積の変更(新規開設となる場合もありますので事前にご相談ください)

提出書類

  1. 理・美容所変更届(PDF:96KB)
  2. 変更した内容のわかる書類
    ・登記事項証明書(6ヶ月以内のもので変更前後の内容が記載されているもの)
    ・施設設備図面など

理容所・美容所従業者変更届

従業者の新規雇用・異動・退職があったときは、すみやかにその旨の届出をする必要があります。無資格者も届出は提出してください。また、2名以上従事する場合は、管理理・美容師が必要です。

提出書類

  1. 理・美容所(従業者)変更届(PDF:130KB)
  2. 理容師・美容師の免許証(本証提示)
  3. 健康診断書(PDF:44KB)(結核・伝染性皮膚疾患の有無が明記され医師が3ヶ月以内に発行したもの)
  4. 管理理・美容師を持っている場合は管理理・美容師の修了証書(本証提示)

免許証等の記載内容変更(公益財団法人理容師美容師試験研修センター)

理容師・美容師免許証や管理理容師・美容師修了証書の記載内容に変更があった場合、書換えの手続きが必要です。詳しくは下記にてご確認ください。

公益財団法人理容師美容師試験研修センター(外部サイトへリンク)

地位承継の手続き

相続による地位承継(個人開設者)

届出をした開設者が死亡した場合、その相続人は当該開設者の地位を承継します。この地位を承継した人はすみやかに保健所まで届け出てください。

提出書類

  1. 地位承継届(相続)(PDF:99KB)
  2. 戸籍謄本など(開設者が死亡したことと、被相続人と相続人全員の続柄がわかる発行後6ヶ月以内の公文書)
  3. 同意書(相続人が2人以上の場合、承継した人以外の全員分)

参考

合併・分割による地位承継(法人開設者)

届出をした開設者について、合併又は分割(当該営業を承継させるものに限る。)があった場合、合併後存続する法人若しくは合併により設立された法人又は分割により当該営業を承継した法人は、当該開設者の地位を承継します。この地位を承継した法人はすみやかに保健所まで届け出てください。

提出書類

  1. 地位承継届(合併)(PDF:97KB)/地位承継届(分割)(PDF:96KB)
  2. 登記事項証明書(開設者の地位を承継しようとする法人の発行後6ヶ月以内のもの)

廃止の手続き

廃止届

施設の営業を廃止した場合、すみやかに保健所へ届け出てください。営業者が死亡等により届出できない場合は、戸籍上の法定代理人が提出できます。

提出書類

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:北区保健所生活衛生課環境衛生係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-0720