ホーム > 健康・医療・福祉 > 衛生 > 生活衛生営業施設へのお知らせ(新型コロナウイルス感染症関連)

ここから本文です。

掲載開始日:2020年4月3日

最終更新日:2020年7月30日

生活衛生営業施設へのお知らせ(新型コロナウイルス感染症関連)

生活衛生営業施設におかれましては、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)で示された3条件「換気の悪い密閉空間」「多くの人が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場面」が重なることを避け、各種ガイドラインやお知らせ等を参考に感染症まん延防止に努めていただくようお願いいたします。その他の新型コロナウイルス感染症に関する情報・お知らせについては関連リンクをご参照ください。

環境衛生からのお知らせ

環境衛生施設(理容所、美容所、クリーニング所、旅館、興行場、公衆浴場、特定建築物など)、住宅宿泊事業施設(民泊)における新型コロナウイルス感染症予防・拡大防止対策に関するお知らせは以下の通りです。
なお、環境衛生施設に関わる届出を行う場合は、新型コロナウイルス感染の拡大防止対策のため、来所する前に生活衛生課環境衛生担当(電話03-3919-0720)までご連絡ください。旅館、興行場、公衆浴場、プール営業において休止や停止をする場合は届け出が必要ですので、手続きについてご案内いたします。
また、旅館、公衆浴場、プール、特定建築物施設において休止していた施設等の使用を再開する際には、レジオネラ症への感染防止対策として、以下の通知をご確認ください。

理容師法・美容師法関係

理容所、美容所については、通常の衛生管理に加えて、接触感染対策には施設利用者が頻繁に触れる場所を消毒用エタノールや0.05%濃度に調製した次亜塩素酸ナトリウム溶液を用いて以下の方法で消毒を実施しましょう。また、施設の換気を十分に行い、従業員の健康管理に留意して営業を行ってください。

クリーニング業法関係

特定建築物(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)関係

興行場法関係(いわゆるライブハウスに関わるものを含む)

旅館業法関係

住宅宿泊事業法(民泊制度)関係

新型コロナウイルスに関連する発症報告

宿泊者が、届出住宅滞在中に発熱又は呼吸器症状(咳等)の発症を申し出た場合、速やかに別紙様式に沿って観光庁観光産業課あてに報告してください。(観光庁観光産業課メール:hqt-ryokan.hotel@gxb.mlit.go.jp、FAX:03-5253-1585)

新型コロナウイルス感染症に関する支援等の緊急対策について

住宅宿泊事業の適正な運営について」をご参照ください。

食品衛生からのお知らせ

【飲食店等の食品関係事業者の皆様へ】

飲食店等の食品関係事業者の皆様に新型コロナウイルスに関して情報提供いたします。
下記内容を参考にし、感染症のまん延防止に努めていただくようお願いいたします。

医薬衛生からのお知らせ

医療安全に関する通知一覧」をご参照ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:北区保健所生活衛生課環境衛生係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-0720

所属課室:北区保健所生活衛生課食品衛生係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-0726

所属課室:北区保健所生活衛生課医薬衛生係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-0727