ホーム > 暮らし > 動物・ペット > 動物由来感染症

ここから本文です。

掲載開始日:2014年2月10日

最終更新日:2014年2月1日

動物由来感染症

動物からの感染(動物由来感染症)に注意しましょう!

  • 犬の登録と狂犬病予防注射をしましょう
  • 過剰な触れ合いは控えましょう
  • 動物に触ったら必ず手洗い等をしましょう
  • 動物の身の回りは清潔にしましょう
  • ふん尿は速やかに処理しましょう
  • 室内で鳥を飼育する時は換気を心がけましょう
  • 砂場や公園で遊んだら、必ず手を洗いましょう
  • 野生動物の家庭での飼育や野外での接触は避けましょう

狂犬病

病原体

狂犬病ウイルス

関係する動物

犬、猫、その他の哺乳類

感染経路

狂犬病にかかった動物による、かみ傷などから感染します。

動物の症状

狂躁型(凶暴性を示し、見境なくかみつく)と麻ひ型(頭や首の筋肉が麻ひする)がありますが、いずれも昏睡して死亡します。

人の症状

発症すると、様々な神経症状が現れ、昏睡に陥り死亡します。

予防方法

日本では、昭和32年以降国内での発生はありません。しかし、外国での発生は未だに多く、これが日本に持ち込まれるのを防ぐため、犬の登録・狂犬病予防注射は必ず行わなければなりません。また、(特に海外の汚染地域で)もし犬にかまれた場合は、すぐに傷口を流水と石けんでよく洗い、医師の診察を受けてください。

発症前なら有効なワクチンがあります。なお、発生地域に旅行する時は、あらかじめワクチンを接種しておいたほうがよいでしょう。

ネコひっかき病

病原体

バルトネラが病原菌と考えられています

関係する動物

猫(特に子猫)

感染経路

ひっかき傷、かみ傷で起こることがあります。

動物の症状

無症状

人の症状

傷口に近いリンパ節のはれが続き、まれに化膿しますが、ほとんどが軽症です。発熱やだるさなどの全身症状があっても軽い場合が多いです。

予防方法

ひっかき傷やかみ傷を受けないように猫の爪を切りましょう。

回虫幼虫移行症

病原体

犬回虫、猫回虫

関係する動物

犬、猫

感染経路

犬、猫の糞の中にでた回虫卵が人の口から入り、腸内でふ化します。幼虫がごくまれに体内の各所に入り込むことがあります。

動物の症状

子犬・子猫では食欲不振、下痢や嘔吐がありやせてきますが、成獣は無症状です。

人の症状

幼虫が入り込むことにより、肝臓、脳、眼などに障害を起こすことがあります。幼児は、まれに軽度の貧血、食欲不振、微熱などの症状が認められます。

予防方法

犬、猫の検便や回虫の駆除。糞はすぐに始末し、砂場などに連れ込まない。幼児が犬や猫に触ったり、砂場で遊んだ後は、必ず手を洗いましょう。

トキソプラズマ病

病原体

トキソプラズマ原虫

関係する動物


感染経路

感染した猫の糞の中に出たものが人の口から入り、感染します。

動物の症状

猫では、腸炎、脳炎など、犬では呼吸器症状や下痢を起こします。

人の症状

妊婦が初感染した場合には、流産や胎児の先天性障害をまれに起こすことがあります。成人では、感染しても無症状であることが多い。

予防方法

犬、猫の検便や駆虫。糞はすぐに始末し、砂場などに連れ込まない。

皮膚糸状菌病

病原体

糸状菌(カビの一種)

関係する動物

猫、犬

感染経路

感染動物との接触や家の中のほこりが原因の場合もあります。

動物の症状

脱毛したり表皮がはがれたりします。また、皮膚が厚くなったりするなど症状は多様ですが、無症状のことも多い。

人の症状

動物の症状と似て多様ですが、円形、不整形の白っぽい輪ができたり小さい水疱ができたりし、かゆみを伴います。

予防方法

部屋の掃除を念入りに行います。

かいせん病

病原体

かいせん虫(ヒゼンダニ)

関係する動物

猫、犬

感染経路

感染動物との接触によりうつります。

動物の症状

表皮内にダニがトンネルを掘るため非常にかゆく、脱毛や皮膚が厚くなったりします。また、引っ掻いてかさぶたができたり、化膿する場合もあります。

人の症状

動物の症状と同様であり、かゆみを伴います。

予防方法

部屋の掃除を念入りに行います。

関連リンク

東京都動物愛護相談センターホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:北区保健所生活衛生課生活衛生係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-0431