ホーム > 暮らし > 動物・ペット > 飼い主のいないネコの不妊去勢手術費助成制度

ここから本文です。

掲載開始日:2017年4月1日

最終更新日:2018年4月1日

飼い主のいないネコの不妊去勢手術費助成制度

この制度は、平成30年4月1日以降に北区内に生息する飼い主のいないネコの不妊去勢手術を、区内の動物病院で実施した北区民に対し、手術費の一部を予算の範囲内で先着順に助成する制度です。予算額に達したときは、年度途中でも受付を終了します。受付終了後は、手術をしていても助成金の支払いができなくなりますので、手術後は、速やかに申請をしてください。

 

平成29年度用の領収書様式は無記入でしたら平成30年度も使用できますので、お手元に残っていましたら利用してください。

また、飼い主のいないネコの不妊去勢手術を予定している方へネコ捕獲器を貸出しています。

助成額

メスネコ10,000円、オスネコ5,000円を上限に、手術費の3分の2(1円未満は切捨)を助成します。

手術費は協力動物病院によって異なります。

申請から助成金支払いまでの手続き

  1. 北区保健所で、手術費助成にかかる様式を受け取る。
  2. 北区内の動物病院に手術に関する詳細を相談する。
  3. 手術後、指定の領収書を動物病院で作成してもらう。
  4. 北区保健所に手術費助成金の申請をする。申請書提出の際は、下記【手術費助成金申請時の持ち物】をお持ちください。

手術費助成金申請時の持ち物

  1. 印鑑(朱肉を使うもの。金融機関届出印でなくてもよいです)
  2. 領収書(動物病院で記入、押印済のもの。)
  3. 助成金を振り込むための金融機関口座のわかるもの

【振込先にゆうちょ銀行口座を希望される方へ】

ゆうちょ銀行通帳に振込用の店名・預金種目・口座番号が記載されいる通帳には振込可能です。

捕獲器の貸出

北区内在住で飼い主のいないネコの不妊去勢手術を予定している方を対象にネコ捕獲器の貸出をしています。貸出期間は一週間です。捕獲器のサイズは、縦24センチ横24センチ奥行66センチです。

数に限りがありますので、必ず事前にお問い合わせください。貸出の際は、下記本人確認書類が必要です。

区分 本人確認書類の例 注意点
顔写真付きのもの 運転免許証、住基カード、在留カード、マイナンバーカードなどから1点

顔写真付きの証明書であっても、

住所の記載がないものは、ほかに住所のわかる書類が必要です。

顔写真付きでないもの 住民票、保険証、公共料金の領収書(または請求書)などから2点  

 

お問い合わせ

所属課室:北区保健所生活衛生課生活衛生係

東京都北区東十条2-7-3

電話番号:03-3919-0431