ここから本文です。

掲載開始日:2007年5月25日

最終更新日:2018年9月27日

生活保護とは

生活保護は、病気や失業などで生活を維持することが困難になったとき、国が憲法25条の定める「健康で文化的な最低限度の生活」を保障するとともに、その自立を助けることを目的とする制度です。生活保護法では、すべての国民はこの法律の定める要件を満たす場合に限り、この法律による保護を無差別平等に受けることが出来ると規定しています。

しかし、これらの保護を受けるためには、その世帯の人がまず、自分の生活のために、持てる能力に応じて最善の努力をしていただくことが必要です。そのような努力をしてもなおかつ最低生活が営めない場合に、はじめて保護を受けることができます。

最善の努力とは

  • 家族の中で働ける能力のある人は働いている。
  • 活用できる資産は生活費にあてている。(不動産、現金、預貯金、有価証券、生命保険の解約金(貸付金)、高価な貴金属など)
  • 親子兄弟姉妹等、親族の方にできるだけ援助を求めている。
  • 各種の年金や手当等、他の法律や制度によって保障や援助などを受けられる場合は、必ず利用している。

参考

日本国憲法第25条

すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

国はすべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

生活保護法第1条

この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての国民に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部生活福祉課相談係

東京都北区王子本町1-4-14 北区役所第三庁舎1階

電話番号:03-3908-1144