ホーム > 健康・医療・福祉 > 障害のある方 > 手当・助成・サービス等 > 施設の利用 > カセットレコーダーの使用(視覚障害者が使用するためのカセットテープを、高速でダビングできる作成機)

ここから本文です。

掲載開始日:2013年2月22日

最終更新日:2017年12月12日

カセットレコーダーの使用(視覚障害者が使用するためのカセットテープを、高速でダビングできる作成機)

カセットレコーダーの使用

カセットテープのダビング(転写)が高速でできる「カセットレコーダー」が使用できます。CD・ラジオ・カセットの視聴もできます。

一般的なカセットレコーダーで、カセットテープが高速でダビングできる機械です。

使用機種

SONY(ソニー)CCP-300

 

  • 利用対象
    視覚障害者並びにその家族、支援団体など
  • 利用条件・注意事項
    • [1]利用料金については無料です。
    • [2]ダビング(転写)したい元のカセットテープ、ダビング用テープは利用者がご用意ください。
    • [3]カセットレコーダーは障害者福祉センター内で使用してください。(館外への貸出不可)
    • [4]必ず事前に電話で予約してください。障害者福祉センターの貸出施設(カセットレコーダーが使用できる場所)が空いていない時はお断りをさせていただく場合もあります。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部障害者福祉センター庶務相談係

東京都北区中十条1-2-18

電話番号:03-3905-7111