ホーム > まちづくり・住宅・環境 > 都市計画 > 高度地区 > 旧古河庭園周辺に絶対高さ35mの都市計画

ここから本文です。

掲載開始日:2011年3月22日

最終更新日:2015年9月2日

旧古河庭園周辺に絶対高さ35mの都市計画

旧古河庭園が平成20年4月、東京都景観計画における文化財庭園等景観形成特別地区に指定されました。これをふまえ、旧古河庭園の歴史的・文化的景観を次世代に継承し、庭園からの眺望を保全するとともに、過度な高さの建築物を抑えるために、絶対高さ35mの都市計画高度地区を定めました。

 この都市計画高度地区が定められた日以降に建築等を行う際には、新たな都市計画の内容に適合させる必要があります。

 高度地区変更に関する関係図書は都市計画課(第一庁舎3階13番)で縦覧することができます。

施行日

平成23年3月10日

都市計画の名称

東京都市計画高度地区35m高度地区

添付ファイル

旧古河庭園周辺の高度地区の概要(PDF:1,181KB)

関連リンク

東京都景観計画(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:まちづくり部都市計画課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階12番~14番

電話番号:03-3908-9152