ホーム > まちづくり・住宅・環境 > 景観 > 北区景観づくり条例に基づく屋外広告物の事前相談

ここから本文です。

掲載開始日:2015年11月6日

最終更新日:2015年11月6日

北区景観づくり条例に基づく屋外広告物の事前相談

屋外広告物は、商品の広告や情報の伝達を目的として設置されており、無秩序に設置された屋外広告物が良好な景観づくりの阻害要因となることも多く、周辺との調和や地域の特性に応じた景観への配慮が必要となります。

このたび北区では、景観法に基づく「北区景観づくり計画」を策定して、区の特性を活かした、より実行力のある景観まちづくりを進めることとなり、屋外広告物について、東京都屋外広告物条例に基づく屋外広告物の表示・掲出の許可に加えて、北区景観づくり条例に基づく屋外広告物の事前相談制度を設け、屋外広告物の表示等に関する基本方針を満たすように配慮を促すことで、北区の地域特性を踏まえた景観づくりに資する屋外広告物の表示・掲出を誘導することになりました。

事前相談の対象

地区区分

事前相談の対象

一般地区

東京都屋外広告物条例に基づく設置の許可を必要とするもので、1つの表示面積が10㎡を超えるもの

景観形成重点地区

東京都屋外広告物条例に基づく設置の許可を必要とするもの

【参考】地区区分については、以下の対象区域を参考としてください。

地区区分

対象区域

一般地区

北区全域(景観形成重点地区の除く)

景観形成重点地区

 

西が丘地区

西が丘一丁目、西が丘二丁目、赤羽西三丁目及び赤羽西四丁目各地内

隅田川沿川地区

隅田川の区域及び隅田川の両側からそれぞれ50mの陸上の区域

旧古河庭園周辺地区

旧古河庭園の外周線からおおむね200mの範囲

  ※区域詳細については、「北区景観づくり計画による景観づくり」の「景観形成重点地区の
  景観づくり」 の各地区パンフレットを参照してください。
  ※景観形成重点地区の各地区パンフレットは、都市計画課の窓口でも配布しています。

 事前相談の時期

 東京都屋外広告物条例に基づく設置の許可に係る申請を行おうとする日の15日前までに、屋外広告物の
 事前相談の申出書の提出が必要になります。

 【事前相談の流れ】

屋外2

※建築行為や工作物と一体的に屋外広告物を設置する場合は、都市計画課担当へご相談ください。
その他の添付図書、基本方針、基準等に関しては、北区景観づくり計画に基づく屋外広告物の事前相談」(PDF:307KB)を参照してください。
※詳細については、北区景観づくり計画の「【第6章】屋外広告物」(関連リンク)を参照してください。

事前相談の様式

事前相談の申請に必要な様式については、「屋外広告物の表示等に関する事前相談申出書:別記第7号様式」(PDF:107KB)を利用してください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:まちづくり部都市計画課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階12番~14番

電話番号:03-3908-9152