ホーム > まちづくり・住宅・環境 > 都市計画 > 計画・ガイドライン > 「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」の公表について

ここから本文です。

掲載開始日:2016年3月30日

最終更新日:2017年4月1日

「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」の公表について

 

東京都と特別区及び26市2町は、都市計画道路を計画的、効率的に整備するため、おおむね10年間で優先的に整備すべき路線を定めた「事業化計画」を過去3回にわたり策定し、事業の推進に努めてきました。

「区部における都市計画道路の整備方針(第三次事業化計画)」及び「多摩地域における都市計画道路の整備方針(第三次事業化計画)」は平成27年度までの計画としており、より効率的な道路整備を推進していくため、東京全体の第四次事業化計画を策定することとし、検討を進めてきました。

これまでの検討を踏まえ、このたび「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」を取りまとめましたので、お知らせします。今後、東京都と特別区及び26市2町は、この整備方針に基づき、都市計画道路の整備を着実に進め、計画的かつ効率的に道路ネットワークを形成し、首都東京を魅力と活力あふれる都市へと再生してまいります。

 

整備方針のポイント

  • 将来都市計画道路ネットワークの検証

未着手の幹線街路を対象に、15の検証項目を設け、必要性の検証を実施しました。いずれの検証項目にも該当しない区間(9区間約4.9キロメートル)を「見直し候補路線(区間)」として位置づけ、平成28年度以降、地域の視点から改めて路線の必要性を検証していきます。

また、必要性が確認された都市計画道路のうち、様々な事由により、計画幅員や構造など都市計画の内容について検討を要する路線(28路線約30.4キロメートル)を「計画内容再検討路線」として位置付けます。

  • 第四次事業化計画(優先整備路線の選定)

広域的な視点と地域的な視点から6つの選定項目を設定し、320路線226キロメートルを選定しました。なお、選定に当たっては、事業の継続性や実現性などを踏まえ、総合的に判断しました。

  • 新たな建築制限の緩和

これまでの建築制限緩和の範囲を拡大し、優先整備路線を含む全ての都市計画道路区域内において、3階までの建築を可能とする新たな基準を設けます。

整備方針の内容等

整備方針の内容等は、東京都のホームページ(外部サイトへリンク)、都民情報ルーム(第一庁舎3階)並びに各都区市町の窓口でご覧になれます。

「整備方針(案)」について、皆様からお寄せいただいたご意見の概要と本整備方針における考え方と対応を示します。

多くのご意見、ご提案をいただき、ありがとうございました。

  • 「整備方針(案)」に対するパブリックコメントの結果の概要と対応
  • 「区部における都市計画道路の整備方針(第三次事業化計画)」及び「多摩地域における都市計画道路の整備方針(第三次事業化計画)」についての結果報告

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:まちづくり部都市計画課 

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎3階12番~14番

電話番号:03-3908-9152

東京都都市整備局都市基盤部街路計画課:03-5388-3379