ホーム > よくある質問 > 「暮らし」のよくある質問 > 「税金」のよくある質問 > 税金の証明をとるためには、何が必要ですか

ここから本文です。

掲載開始日:2013年5月2日

最終更新日:2017年3月1日

税金の証明をとるためには、何が必要ですか

質問文

税金の証明をとるためには、何が必要ですか

回答文

税証明書の申請には下記のものをお持ちください。

(ア)本人が申請する場合

  1. 本人を確認できる書類
  2. 交付手数料(一通300円)

(イ)代理人が申請する場合

  1. 委任状(詳しくは税証明の発行(委任状の書き方)をご覧ください)
    ※ご家族の方でも委任状が必要です。
  2. 代理人自身を確認できる書類
  3. 交付手数料(一通300円)

(ウ)本人が郵送で申請される場合

 「税証明の発行(郵送請求のしかた)」をご覧ください

(エ)平日夜間・日曜日にお受け取りになる場合

 平日夜間・日曜日における税証明の発行をご覧ください

(オ)コンビニエンスストアでお受け取りになる場合

 コンビニエンスストアでの証明書交付サービスをご覧ください

注意事項

  • 金融機関で納付された税金は区役所で納税確認ができるまで、14日程かかります。この期間内に
    納税証明書を請求される場合、納付された領収書の原本をお持ちください。
  • 軽自動車税の納税証明書(継続検査用)の交付手数料は無料です。
  • 本人及び代理人自身を確認できる書類とは、健康保険証・運転免許証・パスポート・年金手帳・
    住民基本台帳カード・マイナンバーカード・障害者手帳・写真付の社員証や、学生証などです。

関連リンク

 税証明の種類と申請方法

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課税務係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階12番

電話番号:03-3908-1114