ここから本文です。

掲載開始日:2013年7月4日

最終更新日:2020年10月2日

住民税の申告方法

申告時に必要なもの

  • 特別区民税・都民税申告書
  • 印鑑(認印可)
  • 給与・公的年金等の源泉徴収票または収入を証明する資料(給与明細書等)
  • 各種控除を受けるための領収書、控除証明書等(医療費、寄附金、生命保険料、地震保険料等)
  • 障害者控除を受ける方は、身体障害者手帳や愛の手帳等
  • マイナンバーカードまたは通知カード

※通知カードの場合は、本人確認書類として運転免許証・公的医療保険の被保険者証・年金手帳・障害者手帳・パスポート・在留カード等のうちいずれか1つをご用意ください。

※郵送でご提出の場合は、マイナンバーカードの写し(両面)または通知カードの写し(表面)と本人確認書類の写しを同封してください。

※公的医療保険の被保険者証の写しを郵送でご提出いただく場合、当該写しの被保険者記号・番号の部分にマスキングを施したうえでご提出ください。

※通知カードは令和2年5月25日に廃止されますが、以下の場合には通知カードを引き続き番号確認のための本人確認書類として利用することができます。
・通知カードの記載事項(氏名、住所、生年月日、性別、個人番号)の変更を行うべき事由が発生しておらず、記載事項に変更がない場合
・令和2年5月25日までに改姓や転居等により記載事項に変更があったが、令和2年5月25日までに変更手続がとられており、令和2年5月25日以後変更を行うべき事由が発生していない場合

本人確認措置の具体例(PDF:227KB)

国外居住親族に係る扶養控除等申告について

国外居住親族に係る扶養控除、配偶者控除、障害者控除または配偶者特別控除(以下扶養控除等)の適用を受ける方は、申告の際以下の書類が必要となります。

親族関係書類

以下のどちらかを提出または提示してください。

  • 外国政府等が発行した書類の原本(戸籍謄本や出生証明書、婚姻証明書)

※国外居住親族が居住者の親族であることを証し、国外居住親族の氏名、生年月日、住所または居所の記載があるものに限ります。

  • 戸籍の附票の写し及び国外居住親族の旅券の写し

送金関係書類

以下のどちらかを提出または提示してください。

  • 外国送金依頼書の控え
  • クレジットカードの利用明細書

(国外居住親族の方が使用するために発行されたクレジットカードで、その利用代金を居住者の方が支払うこととされているものに係る利用明細書)

※複数の方を扶養申告される場合、各人ごとの送金関係書類が必要となります。

※確定申告や年末調整の際に上記書類を提出されている方は、改めて提出いただく必要はございません。ただし、16歳未満の国外居住親族の方を扶養し、個人住民税の非課税限度額制度の適用を受ける方の場合や障害者控除の適用を受ける場合、該当の方の分の上記書類を区役所へ提出してください。

申告書の提出方法

郵送の場合は同封の返信用封筒に上記の必要書類を入れて申告期限までに返送してください。

来庁の場合は上記の必要書類をお持ちのうえ、受付窓口へ申告期限までに提出してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:区民部税務課

電話番号:03-3908-1113

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階8番~11番