ここから本文です。

掲載開始日:2012年6月19日

最終更新日:2014年2月1日

安全なガスの復帰方法

1 ガスの安全対策

地震等の災害時にライフラインであるガスについては、東京ガス(株)が安全対策をおこなっています。

区民の皆さまに対し、正しいガスの取り扱いを知っていただくことは、災害時における減災につながることになりますので、ご紹介いたします。

2 知って安心!ガスのご利用方法

1 換気のおねがい

ガスは新鮮な空気が必要です。ガス器具を使用する場合、換気をこまめにしましょう。

2 ガス臭い時の対応

ガス漏れの可能性がありますので、次のことに注意して、至急「ガス漏れ通報専用電話」に通報しましょう。

  • [1]絶対に火気を近づけないでください。タバコの火はすぐに消してください。
  • [2]電気器具のスイッチは入れないでください。引火する可能性があります。
  • [3]窓や戸を大きく開けて空気を入れ替えてください。
  • [4]すぐに、ガス栓とガスの元栓を締めてください。

ガス漏れ通報専用電話

0570-002299(NTTナビダイヤル)
PHS・IP電話の場合 03-6735-8899
受付時間:365日24時間対応 ※ガス漏れの場合のみ通報してください。

3 地震の時の対応

地震の時は、あせらず落ち着いて次の行動をしましょう。

  • [1]地震が起きたら、まずは身の安全を確保してください。
    ※震度5程度以上の地震が発生するとガスメーターは、自動でガスを止めます。
  • [2]揺れがおさまったら、あわてずにガスの栓を止めてください。

地震がおさまってから次の事項を確認してください。

  • [1]排気筒(煙突)に物が詰まっていませんか?
  • [2]排気筒(煙突)に穴が開いていませんか?
  • [3]排気筒(煙突)が外れていませんか?
  • [4]給気口の前に、物を置いてふさいでいませんか?
  • [5]ガス器具がずれて、「くぼみ」や「ゆがみ」が発生していませんか?
  • [6]ガスの接続管がはずれていませんか?

※ご自分で直せない場合は、ガス会社等にご相談ください。

4 停電の時の対応

  • [1]ガス器具は停電時に使えるものと使えないものがあります。確認をしてください。
  • [2]停電時にガス器具を使う場合は、換気扇が使えませんので、窓を開けて十分に換気をしてください。

5 再びガスを使う時は(ガスメーターの復帰方法)

※詳しくは、添付ファイル「ガスメーター復帰方法」をご覧ください。

添付ファイル

関連リンク

ガスご利用ガイド(東京ガス(株))(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:危機管理室防災課防災計画係

東京都北区王子本町1-15-22 北区役所第一庁舎2階14番

電話番号:03-3908-8184