ホーム > 北区の魅力再発見 > KISS > わたしと狐のものがたり(都電もなか)

ここから本文です。

掲載開始日:2018年1月1日

最終更新日:2018年1月1日

 
表紙




 

 

都電もなか

todenmonaka-1left  todenmonaka-1right

todenmonaka-2 

◇都電の形をした和菓子!?

都電全面撤廃がいわれた頃、「都電の証を残したい」という先代の強い思いから「都電もなか」が誕生したんだ。
パッケージだけでなく、もなか自体も都電の形になっていてとってもかわいいんだよ。お店では1個、2個…ではなくて1両、2両…と数えるところも遊び心あふれているよね。10両入り以上の化粧箱の上蓋は都電荒川線(東京さくらトラム)路線図のイラストが描かれていて、食べ終わった後の空き箱で「すごろく」で楽しめるような工夫もされているんだ。

todenmonaka-3

◇かわいい!美味しい!楽しい!

「都電もなか」のすごいところは、かわいいだけなく、とっても美味しいこと!
風味、口当たり、食感を良くするために、原材料の選定には特にこだわって、餡、最中種はお客さんに試食してもらった声を取り入れながら試行錯誤を繰り返したんだって!
その結果、焦がし最中種に北海道産最高級小豆の潰し餡を使用し、さらに、インパクトと食感を出すため短冊状の求肥餅が入った「都電もなか」が完成したんだ!
一口食べると、最中種の香ばしさと餡の上品な甘さが口の中に広がって、求肥餅が食感のアクセントになっているんだ。
電車好きの人にはもちろん、お子さんのいるお家へのお土産にぴったり!箱売りだけでなくばら売りもしているから、自分用にも買うことができるよ!
見てかわいい!食べて美味しい!遊んで楽しい!の3拍子が揃った「都電もなか」。
ぜひご賞味あれ!

詳細情報