ホーム > 北区の魅力再発見 > KISS > わたしと狐のものがたり(名主の滝公園・さくら)

ここから本文です。

掲載開始日:2018年1月1日

最終更新日:2018年1月1日

 
表紙




 

 

名主の滝公園 さくら

nanushinotakisakura-1left nanushinotakisakura-1right

nanushinotakisakura-2

◇名主の滝公園

名主の滝は、王子村の名主畑野家がその屋敷内に滝を開き、お茶を栽培して、避暑地として一般に開放したことがはじまりなんだ。名前の由来もここからきているんだよ。
かつて「王子七滝」と呼ばれる7つの滝があり、そのうち「名主の滝」だけが現存する唯一の滝なんだって。
落差が8mもある男滝(おだき)、女滝(めだき)、独鈷の滝(どっこのたき)、湧玉の滝(ゆうぎょくのたき)の4つからなっているんだ。

nanushinotakisakura-3

◇ココが見どころ!

公園内には滝だけでなく、桜、モミジ、イロハモミジ、ツバキ、コブシ等が植えられていて、台地から低地に至る斜面を巧みに利用して自然の風景を取り入れた回遊式庭園なんだ。
一歩足を踏み入れると、四季折々の自然と鳥のさえずりに囲まれて、都内であることも忘れてしまいそうになるんだ。
ゆったりとした時間の中で心穏やかに過ごしてね!

詳細情報