ホーム > 北区の魅力再発見 > KISS > わたしと狐のものがたり(ストーリー)

ここから本文です。

掲載開始日:2018年1月1日

最終更新日:2018年1月1日

sashie-1

私は、これから北区に引っ越すことになった。

住む場所について知ろうと思い散策していると、王子稲荷神社をみつけた。

清らかで凛とした雰囲気に惹かれ境内に入ると、とても綺麗な社殿があった。

sashie-2

お参りをして帰ろうとすると、視界の端に何かふさふさした黄色いものが動いた気がした。

「もしかして、キツネ??」

私はそれが逃げ去った方へと歩き出した。

逃げ去った方には、赤い鳥居があり奥へとつながっていた。

鳥居をくぐり、奥へ奥へと進んで行った。

sashie-3

進んで行ってたどり着いたのは岩穴。

「さっきのはやっぱりキツネだったのかな?」

そんなことを思いながら振り返ると、そこにはさっきまでいなかったはずの女の子がいた。

「なにしにきたの?」と女の子は私に聞いた。

突然現れた彼女に驚きながらも、私は「北区のことについて知りたいなと思って…」と答えた。

彼女は「ふーん。」と答え少し考えた後、「それだったら私が教えてあげる。」と言った。

「じゃあ、今からいくつか質問するから、その答えであなたにあったおススメを紹介するね」

次へ進む