ホーム > 北区の魅力再発見 > KISS > わたしと狐のものがたり(きたく介護あんしんフェア)

ここから本文です。

掲載開始日:2018年1月1日

最終更新日:2018年1月1日

 
表紙




 

 

きたく介護あんしんフェア

kaigoanshin-1

kaigoanshin-2

kaigoanshin-3

◇互いに理解し、支え合うために

北区では、毎年11月11日(いいひいいひ)の「介護の日」にちなんで「きたく介護あんしんフェア」を開催しているんだ。

住み慣れたまちで自分らしい生活がいつまでも送れるよう、「介護」「介護予防」「認知症」についての理解を深めてもらおうと、区内介護事業者などの協力により実施されているんだよ。

会場では認知症や介護について相談できるスペースや体験コーナーが設けられていているよ。

参加者の方のお話しを聞くと、
「親と一緒に暮らしていて今は元気だが、今後介護が必要になってくると思うので前もって知ることが出来て良かった」
「現在介護をしているが、自分の悩みについて相談できアドバイスをもらえてうれしかった」
といった意見を聞くことができたよ。

今後高齢化がさらに進んでいく中で支え合い生活していけるように、こういったイベントが増えて、みんなが笑える社会になるといいよね。

詳細情報

  • shiruillust名称 きたく介護あんしんフェア
  • TEL 03-3908-9017(北区長寿支援課)